春、新しいスタート、新しい先生方

4月9日

Img_1213

小学校の着任式、始業式。
とうとう、長男は6年生、次男3年生。
みんなドキドキしながら、担任の先生の発表を待つ。。。
理科とフィールドワークがお得意な中谷先生が6年生の担任になって、喜びのガッツポーズ! よかったね! 3年生も、元気で朗らか楽しい泉野先生で嬉しそう。よかった、よかった!
新しくいらっしゃった教頭先生始め他の先生方、溌剌として、あたたかい笑顔の素敵な先生ばかり! 大規模校から来られた先生が多く、皆さん笑顔で「一人一人の顔がしっかり見られて嬉しい、早く皆と仲良くなりたい、お名前教えてね」とご挨拶されて、子供達の心を(親の心も)しっかり掴んでいらっしゃいました。素敵な先生が来て下さって本当に嬉しいです。昨年は大変だったけれど、六甲山小に新しいさわやかな風が吹き込んで、六甲山小の良さを取り戻すことが出来そう。新年度に期待ふくらみます!
桜は4月末頃だけど、山にも春が。レンギョウ、スイセン、フキノトウ。
まだ雪が降ったりしながらも、季節は春へ。

Img_1161

Img_1160

Img_1159

| | Comments (0)

小学校の離任式

4月6日

Img_1182

Img_1167嵐のような荒天の中、六甲山小学校の離任式がありました。春は新しいスタートの季節でもあり、また旅立ち、お別れの季節でもあります。お世話になった先生との別れを惜しんで、児童、卒業生、保護者、以前の先生方が集まりました。
次男が1年生でお世話になった廣田先生、次は御影北小学校へ。先生のご挨拶で「六甲山小で宝物を3つ見つけました...」と言われましたが、本当に、先生との時間は宝物でした。「仕事」の領域を遥かに越えて、子供達の将来の姿も見つめながら接して下さった先生。その暖かい眼差しや、心からの関心、信頼を、子供達みんな安心してしっかりと受け取っていました。学校の、社会の宝のような先生に1年生で出会えた子供達、なんと幸運だったことか。感謝の想いでいっぱいです。
次男くんの大好きな先生。メッセージを書くのに、「大好き」の「大」をいくつ書いても想いを書ききれなくて、カードいっぱいに「大大大大大.....」と大の字が並びました。
寂しいですが、次の小学校で、またたくさんの子供達の人生を大きく変えて行かれるに違いない大きな愛と力のある先生。。。
またお会い出来る日を楽しみに。

| | Comments (0)

六甲山小の卒業式

3月23日

Img_1030_2

Img_1034_2

22日(木)は六甲山小学校の卒業式。本当に色々あって大変な年だったけど、六甲山らしい、六甲山の良さがいっぱい詰まった、心温まる卒業式でした。
卒業生8名、それぞれが自分の夢や目標を語り、在校生と卒業生が、あんなこと、こんなこと、色んな思い出を言い、全校生で歌う合唱曲、卒業生は自分達で歌を選び練習して4曲ほど歌います。どれも、卒業や旅立ちを思わせる歌で、聴くと泣いてしまいます。毎年、在校生の親も多数出席して、卒業生の親でなくとも皆泣いてしまう卒業式なのです。最後は5年生の歌う「You Raise Me Up」で拍手の中、退場。その歌(英語の歌詞)も、5年生がいくつかの候補の中から皆で選び、家でも歌って練習していました。
卒業生退場、の声がかかると、6年生が「ちょっと待って下さい!」と、担任の廣田先生に、色紙と花束を贈りました。なんと一人書き忘れていて、皆の前で慌てて書いていたのも微笑ましくて、、、一人一人が思い出を語ったときに、6年生の1年間、暗唱(先生からの愛ある宿題)をしていた中の、自分の好きな文を披露してくれた子が2人もいました。古文です。
後々につながる学びの種を、さりげなく蒔いて育ててくれる、子供達の意識を高めてくれる、そんな素敵な素敵な先生に出会えた卒業生は本当にラッキー。
ご卒業おめでとうございます!

| | Comments (0)

小学校で英語絵本の読み聞かせ

3月15日

Img_0999

Img_1002

もうすぐ3学期も終わり。次男の先生は、本当にステキな、色々と楽しい工夫を凝らして下さる先生で、お陰で2年生は進度が速く、時間に余裕があるので、英語絵本の読み聞かせをもう一度させてもらうことに。クラスの帰国ママと二人で「かいじゅうたちのいるところ」を日本語、英語で、読み聞かせをしました。教室に行くと、黒板いっぱいに歓迎のメッセージ!感激!
読み終わると、全員我先に!と手を挙げて感想を言ってくれました。それから、子供達は思い思いの怪獣たちの絵を描き、感想文も書きました。子供達、皆とっても楽しんでくれたようで、こちらも嬉しくて。学年が上がると、授業が忙しくてなかなかチャンスが無いけれど、時間に余裕があるなら、ぜひまたしたいなぁー。

| | Comments (0)

寒波、、、

2月6日

小学校の運動場と、外の手洗い周辺(一面厚い氷でスケートリンクのよう)、帰り道の雪だまり。登下校はスキーウェアとスノーブーツ。長男くんは、街に下りる用事のある日は、スノーブーツでは歩きづらいし恥ずかしい、と渋い顔。

Img_0733

Img_0739

Img_0767

-
-
-
-
今年の寒波は厳しい! 今朝もマイナス9度で、寒波の間は明け方に洗濯する日々(洗濯機にお湯を回しているので、給湯機の凍結防止のために)。ご近所さんは、毎晩、2、3時間毎に目覚ましで起きて給湯機を動かしているとのこと。薪とカイロを消費しながら寒波が緩むのを待つ。。。

Img_0770

Img_0772

寒い中でも、子供は元気!ウチの裏のつららが、子供の背丈より長くなり、アートに変身したかと思えば、ライトセーバーとなり、変幻自在(笑)最後は投げて氷のかけらに、、、気温が低いので融けずにそのままキラキラ光っています。

| | Comments (0)

まだ冬休み

1月10日

六甲山小学校はまだ冬休み。
雪がしんしんと。これは積もりそうな雪。いつもなら雪が積もり出すと外に飛び出して行く子供達だけど、今、生まれて初めてインフルエンザを経験中。今週は、他の学校が始まって、がら空きのゲレンデにスキーに行くつもりで、楽しみにしていた子供達の落胆たるや、、、
日数的には、16日の始業式には登校できる予定。親は気合いと麻黄湯でなんとか防ぎたいところ。

Img_0572

Img_0573

Img_0576

| | Comments (0)

12月前半

12月16日

Img_0391

←昨日の朝。太陽の光を見ると、元気になります! 全く師走という気がしない年の暮れ、年々スピードが加速するような気がするのは年のせい? それとも時代の流れ? 12月半ばを過ぎても、日付を記入する時に、あれ?何月だっけ?と考えてしまいます。

Img_0356Img_0354Img_0360

-
-
-
-

Img_0309

12月前半は、びっくり積雪
ダンナは仕事で遅いし、まだノーマルタイヤだし(例年12月後半にスタッドレスに交換)、帰宅するまでヒヤヒヤしました。翌日慌ててタイヤを替えて一安心。子供達も犬も雪大好き、大喜びです。

Img_0225Img_0297Img_0290

-
-
-
-
子供達が最近好きな事、お空の観察(寒い!)と、インラインスケート(痛い!) 天体はロマンですね〜。山でも周囲に外灯の無い暗い所に行かないと、それほど星が見えるわけではない(ウチのベランダからは街の明かりであんまり見えない)けど、それでも街よりはお空が広く見えるかな。学校から星座盤を頂いたので、次男くんは長男くんに教えてもらって「オリオン!」など分かりやすい星座を見て喜び、長男は月の出月の入り、南中時刻、月齢を計算して、当たった、外れた、と、それも楽しそう。

Img_0401Img_0400

小学校に、六甲山で見られる動物たちの剥製を持って、出前授業に来られていたのを、たまたま拝見し、、、「森のエビフライ」(りすが松ぼっくりをかじった食べ残し)はたくさん見るけれど、リスはなかなか見る事が無いので、嬉しくなってパチリ。学校もあと6日で冬休み。今年は本当に色々ありました。。。それでも子供達が元気に学校に行けて、色々あっても笑顔を見られて、頑張って下さっている先生方に感謝。ご協力ご尽力下さっている保護者の皆さん(六甲山はPTAに全保護者参加)にも感謝。

| | Comments (0)

台風21号

10月23日

22日の台風21号、今回は風が強く倒木が多かった! 夜9時頃一度停電。通常、倒木などで電線が断線すると、リルートして、2、3分待てば電気が点く。しかしあちこちで断線したら、リルートしようが無くなり、関電の復旧工事待ちになる。夜中に再度停電し、台風が家を揺らす物音に心配しながらも、トーチライトの電池がもったいないから寝てしまった。
今朝、外が明るくなるのを待って、ダンナはチェーンソーを持って周囲の確認に。道を塞ぐ倒木があると、チェーンソーで切ってどかして進む。
小学校まで行くと、小学校の裏手に、大きな杉が倒れかかり、電線が何本も切れて垂れ下がっていた。ここまで大きい木になるとダンナでは危険で切るわけにはいかない。幸い?車は下をくぐって通ることが出来る(自己責任で、、、汗)。
小学校は避難場所に指定されているので、前日から教頭先生が泊まっていらっしゃったと聞き、子供達とおにぎりを持って小学校へ行くと、ちょうど関電の方が断線箇所を探していらっしゃって、状況を見て、これはちょっと時間がかかるかも、とのことだった。
ありがたい事に、ウチはお昼前には電気が復旧し(関電さんありがとうございます!)電気があることの有り難さ!  さすがに半日停電すると冷凍庫の中身が半解凍になってしまった。冷凍庫のストックが少ない時でよかったが、たくさん冷凍しておられる方は大変。
六甲ケーブルは午後から運転再開したので、明日24日は、小学校は電気が無くても授業をする予定とのこと。早く復旧しますように。

Img_7007

Img_9674Img_9675-

| | Comments (0)

夏休み!

8月1日

Img_8581

Img_8559

六甲山小学校は7月31日が終業式。1学期終了、よく頑張りました。帰り道に出来たカフェ「Rokko Base Cafe」に走って行く子供達、、、「ソフトクリーム1個を分けっこだよ〜!」とその背中に叫ぶ母(笑) 
さぁ、これから1ヵ月弱の忙しい夏休み、何をしようか、何が出来るか??? コテージ繁忙期の上に、本業の仕事もあれこれ忙しく、草刈り、草抜き、枝払いの時間もなかなか! とにかく元気に楽しくがんばろう〜! まず、おばあちゃんに頼まれた「小鳥の巣箱」作り。小鳥たちをカラスから守ってやりたいから、丈夫な巣箱をたくさん作ってね、という長男への注文です。夏休みにいくつ出来るかな? ↑デザインから全部自分で作った第一号の巣箱。

| | Comments (0)

スイミー 英語の絵本(2)

7月3日

Img_8362

六甲山小学校の2年生の教室で「スイミー」の英語の絵本を子供達と読みました。1ページずつ、キレイな絵を楽しみながら、日本語で子供達みんなで読んで、それから私が英語で、という風に。英語で最初から最後まで通して読むだけでは、子供達が、分からない、つまらないと思ってしまったら、せっかくの機会が惜しい。英語の単語を知らなくても、音を聞いて、こんな意味の事なんだ、と感じてほしかったのです。最後の、皆が好きなフレーズ:「ぼくが目になろう」は、吉哉くんと声を合わせて"I'll be the eye."と言うと、皆「私も、ぼくも練習したい!」と言うので、みんなで"I'll be the eye."を何度も練習しました。
子供達からの感想/ありがとうカードがまた嬉しい♡ また日英両方で出来るものが教科書に出て来たらいいなぁ。

子供達が後々英語を勉強し始めたら、難しいと思うかもしれない。だけど、同じ日本人のよしくんママが英語を話せて、他の言語が分かるって何だか楽しそうだったな、と頭の片隅に残っていたら、きっと誰でも勉強したら出来るよね、と思って取り組めるかもしれない、そうあってほしいな、と思います。というのも、私が中学校に入って英語に抵抗なく楽しく取り組めたのも、子供の頃に、ココアとデザートに釣られて、アメリカから帰国された方のところにちょっとだけ英語を習いに行ったからかもしれないという気がするのです。日本人のご主人の英語の発音がとても滑らかで心地よく、そうか、練習したら出来るようになるんだな、と子供心に思ったような記憶があります。お勉強が好きになったり、苦手になったりするきっかけなんて、そんなものかもしれません。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧