長男の「六甲山新聞」

6月28日

長男が不定期に記事を書いて発行している「六甲山新聞」、六甲山小学校のHPに取り上げて頂いていました。長男に見せると、早速、次号のネタを何にするか資料集め。したいことがいつも色々たくさんある子供達に、親も楽しませてもらっています。
http://www2.kobe-c.ed.jp/rks-es/index.php?key=jo5657bwc-153#_153

| | Comments (0)

梅雨の晴れ間

6月14日

Img_8237

5年生、待ちに待った「自然学校」に出発! 梅雨入りしたのに、この青空!そして天気予報は晴れ続き、、、皆日頃の行いが良かったに違いないね(笑) 最初に、淡路島の南にある「沼島」へ。それから兵庫県北部の山へ、海から山への大移動。生まれて初めて家から4泊5日も離れる長男くん、きっと成長して戻ってくることでしょう。おみやげ話が楽しみです。
コアジサイが咲き始めました。今日の大阪湾は晴れ渡って、湾の向こうの建物や、山のそのまた奥の山までくっきり。

Img_8238

Img_8239

Img_8240

| | Comments (0)

小学校の全校キャンプ

4月27日

Img_4632

小学校(と幼稚園さんも)の全校キャンプは、まずケーブルで下山して、ケーブル下で集合、そこから、油コブシ登山道を上がります。それから高山植物園でお弁当を食べ、山上のYMCAへ向かい、今夜はそこで1泊。小学校のHPに楽しそうな写真がいっぱい! 
さてさて子供達のいない家、静か過ぎて、、、宿題〜!と言う必要も無い。子供たちが巣立ったら(ちゃんと巣立ってね!)毎日静かになるんだなぁ。
ふと思い出す「小言いふ相手もあらばけふの月」 (一茶) 文政6年=1824年の俳句。大事な人がいなくて寂しいと思う気持ちは、昔も今も同じですね。

| | Comments (0)

春休み

4月3日

エイプリルフール雪、1日の朝、積雪してゴルフ場は真っ白!

Img_7585

Img_7586

Img_7587

-
-
-
-
でもやっぱり春の雪、月曜日にはほぼ消えて、ゴルフ場のグリーンキーパーさん達もほっとした表情。
庭にミニ水仙が咲き始め、春到来。とはいえ、桜は4月末、山の春はゆっくりです。

Img_7628

Img_7627_2

-
-
-
-
3月末のコテージのお客様から、お誕生日サプライズに、ガトーショコラのリクエストを頂いて、お花もお誕生日気分で選んでみました。定番ふんわり、しっとり、濃厚ガトーショコラはフルーツと生クリームを添えて。 一緒に家用のミニ(写真右)も焼くので、ガトーショコラ大好きの長男くんは大喜び。

Img_7533

Img_7516

Img_7519

| | Comments (0)

卒業式、終業式

3月24日

六甲山小学校の卒業式としては、珍しく春のような穏やかな日、6名の6年生が小学校を巣立って行きました。生徒数の多い学校と違い、山の小学校では卒業証書の授与はあっという間に終わってしまい、残りの時間は、歌(国歌、校歌以外に、卒業生3曲、在校生1曲+退場の時は5年生の歌声で送ります)やスピーチや発表や、卒業生の思い出と、これからの夢が輝くステージ。今回で退官の校長先生のスピーチは、子供達へ伝えたいことがまだまだあるんだ、という熱意に満ちたメッセージでした。卒業式で特に好きなのは、卒業生が一人ずつ発表、宣言する夢/目標。「私/僕の夢、目標は、将来□□になることです。こういう理由でそう思うようになりました。中学校に行ったら、そのためにこんなことを勉強したい、頑張りたい。」 そのまっすぐな眼差しに、もうお母さん方は全員ハンカチ、タオル、ティッシュを手に、、、 その目標に向かってがんばって!と心の中でエールを送ります。
今年の卒業生は、担任の中谷先生に、卒業式の間に皆の前でサプライズの記念品贈呈。先生もびっくり、感動していらっしゃいました。
自然が好きで理科が得意な中谷先生、最後の最後まで、自然観察、校外学習に6年の子供達と山を歩き回られたそう。先生のお陰で、卒業生の1人は理科の面白さに目覚め、科学捜査官を目指すのだとか。先生の影響は本当に大きい。それが希釈されることなくダイレクトに伝わる山の小さな小学校。最高の卒業式だと毎回思い、毎回泣いてしまいます。

Img_7478

Img_7480

Img_7489

Img_7492

-
-
-
-
翌日は終業式。これでウチの子達も4年生、1年生終業。4月から次の学年に! 子供達が元気よく庭で遊んでいる間に、母は1年を振り返り、しばし感慨に浸る午後です。

| | Comments (0)

六甲山幼小の生活発表会

2月15日

Img_7250

六甲山幼稚園の生活発表会は、小学校1年生の子供達も参加して、お話の世界を広げ、劇遊びの取り組みの成果を発表します。今年は「三つのまほうのおくりもの」 子供達が長いお話のセリフを、しかも人数が少ないから、一人一人の憶える量がものすごく多いのに、しっかり演技する姿に心底感心します。自分達でお話の世界を作り上げ、セリフも話し合いながら考える幼稚園の子供達、すごいね! 子供達の成長には、いつもいっぱい感動をもらいます。

| | Comments (0)

雪しんしん

2月9日

Img_7178

Img_7182

雪のしんしんと降る朝、子供達と登校兼犬の散歩。風がない雪の日は、音が雪に吸い込まれるように、本当に静か。昔、教科書で読んだ:「太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ 二郎をねむらせ、二郎の屋根に雪ふりつむ」を思い起こさせるような静かな雪の朝。学校の玄関にいらっしゃった吉哉くんの先生に「雪がしんしんと、、、『太郎をねむらせ』ですね」と言うと、先生「三好達治さんの雪ですね!」ととっても嬉しそうなお顔。音読用に詩や漢詩まで出して下さる先生、きっと分かって下さると思っていました!そんな素敵な先生が居て下さることの嬉しさ、有り難さ、、、1年生も来月で終わり、子供達それぞれの成長を感じる朝です(親もがんばろう〜)。

| | Comments (0)

急に雪

2月6日

小学校に迎えに行き、次男含む1年生3人と「かるた」や「ウノ」をして教室で遊んでいると、雪がだんだんと激しくなり、1時間過ぎたころには地面は真っ白に。明日の朝の路面の凍結は大丈夫かな。。。夕方、表六甲の丁字が辻の手前で、立ち往生、事故で渋滞だったらしく、今週後半は雪の予報だから、上がり下りの時はよくよく気をつけよう。

Img_7164_2

Img_7165

| | Comments (0)

融け残り

2月1日

Img_7136

Img_7139

今朝はマイナス4℃、先日の雨で融け残った雪がそのまま凍り、道にはツルツルの罠があちこちに。子供達と歩いて登校中、ツルツルのところで滑って遊ぶから遅刻ギリギリセーフ!子供達は走って滑って行くけど、私は及び腰でそろそろと。子供と違って、大人は転んだら痛いんだよね、、、 
小学校に送った帰り道、犬のステラと歩いていると、向こうから歩いて来るのは、六甲山幼稚園の年少さん男子とパパ!お宅が山頂近くなので、大人の足でも1時間はかかる距離、、、しかも路肩はけっこう雪が残って凍ってる、、、4才からそうやって歩いていたら、すごいアスリートになりそう! ウチは小学校までたかだか徒歩15分なのに、親の都合で車で行くことも多いし、ちょっと反省。

| | Comments (0)

小学校のスキー教室

1月25日

Img_7121Img_7124

子供達が楽しみにしている3日間のスキー教室、暖冬だったり雨が降ったりする残念な年もあるけれど、今年は天気も雪質も最高! しかも2日目の今日は、団体が六甲山小学校の35名(1〜4年生)だけ! 冷たい風をものともせず(マイナス5℃)、子供達は元気に楽しそうに滑っていました! 
スキー場に向かう途中、高山植物園からオルゴール館に向かう道の、歩道の雪の上をスノーボードで滑り下りてくる青年が!確かにスキー場より距離が長いし、カーブしてるから楽しそう、幅の広い歩道だけど、危ないよねぇ。。。運転していたから写真とれなくて残念(笑)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧