台風21号

10月23日

22日の台風21号、今回は風が強く倒木が多かった! 夜9時頃一度停電。通常、倒木などで電線が断線すると、リルートして、2、3分待てば電気が点く。しかしあちこちで断線したら、リルートしようが無くなり、関電の復旧工事待ちになる。夜中に再度停電し、台風が家を揺らす物音に心配しながらも、トーチライトの電池がもったいないから寝てしまった。
今朝、外が明るくなるのを待って、ダンナはチェーンソーを持って周囲の確認に。道を塞ぐ倒木があると、チェーンソーで切ってどかして進む。
小学校まで行くと、小学校の裏手に、大きな杉が倒れかかり、電線が何本も切れて垂れ下がっていた。ここまで大きい木になるとダンナでは危険で切るわけにはいかない。幸い?車は下をくぐって通ることが出来る(自己責任で、、、汗)。
小学校は避難場所に指定されているので、前日から教頭先生が泊まっていらっしゃったと聞き、子供達とおにぎりを持って小学校へ行くと、ちょうど関電の方が断線箇所を探していらっしゃって、状況を見て、これはちょっと時間がかかるかも、とのことだった。
ありがたい事に、ウチはお昼前には電気が復旧し(関電さんありがとうございます!)電気があることの有り難さ!  さすがに半日停電すると冷凍庫の中身が半解凍になってしまった。冷凍庫のストックが少ない時でよかったが、たくさん冷凍しておられる方は大変。
六甲ケーブルは午後から運転再開したので、明日24日は、小学校は電気が無くても授業をする予定とのこと。早く復旧しますように。

Img_7007

Img_9674Img_9675-

| | Comments (0)

夏休み!

8月1日

Img_8581

Img_8559

六甲山小学校は7月31日が終業式。1学期終了、よく頑張りました。帰り道に出来たカフェ「Rokko Base Cafe」に走って行く子供達、、、「ソフトクリーム1個を分けっこだよ〜!」とその背中に叫ぶ母(笑) 
さぁ、これから1ヵ月弱の忙しい夏休み、何をしようか、何が出来るか??? コテージ繁忙期の上に、本業の仕事もあれこれ忙しく、草刈り、草抜き、枝払いの時間もなかなか! とにかく元気に楽しくがんばろう〜! まず、おばあちゃんに頼まれた「小鳥の巣箱」作り。小鳥たちをカラスから守ってやりたいから、丈夫な巣箱をたくさん作ってね、という長男への注文です。夏休みにいくつ出来るかな? ↑デザインから全部自分で作った第一号の巣箱。

| | Comments (0)

スイミー 英語の絵本(2)

7月3日

Img_8362

六甲山小学校の2年生の教室で「スイミー」の英語の絵本を子供達と読みました。1ページずつ、キレイな絵を楽しみながら、日本語で子供達みんなで読んで、それから私が英語で、という風に。英語で最初から最後まで通して読むだけでは、子供達が、分からない、つまらないと思ってしまったら、せっかくの機会が惜しい。英語の単語を知らなくても、音を聞いて、こんな意味の事なんだ、と感じてほしかったのです。最後の、皆が好きなフレーズ:「ぼくが目になろう」は、吉哉くんと声を合わせて"I'll be the eye."と言うと、皆「私も、ぼくも練習したい!」と言うので、みんなで"I'll be the eye."を何度も練習しました。
子供達からの感想/ありがとうカードがまた嬉しい♡ また日英両方で出来るものが教科書に出て来たらいいなぁ。

子供達が後々英語を勉強し始めたら、難しいと思うかもしれない。だけど、同じ日本人のよしくんママが英語を話せて、他の言語が分かるって何だか楽しそうだったな、と頭の片隅に残っていたら、きっと誰でも勉強したら出来るよね、と思って取り組めるかもしれない、そうあってほしいな、と思います。というのも、私が中学校に入って英語に抵抗なく楽しく取り組めたのも、子供の頃に、ココアとデザートに釣られて、アメリカから帰国された方のところにちょっとだけ英語を習いに行ったからかもしれないという気がするのです。日本人のご主人の英語の発音がとても滑らかで心地よく、そうか、練習したら出来るようになるんだな、と子供心に思ったような記憶があります。お勉強が好きになったり、苦手になったりするきっかけなんて、そんなものかもしれません。

| | Comments (0)

7月、山アジサイ、小学校、「スイミー」

7月2日

Img_8357Img_8347

紫陽花と山アジサイで色鮮やかになってきた六甲山。夕方、暗くなる前に、次男くんとハイキング道を走って、兵庫県知事選挙へ。外気温は21、22度だけど、今日はなんだか蒸し暑い! こういう日は氷ギンギンの、レモンをたっぷり絞った、カンパリオレンジソーダ! もうそういう季節だなァ。
Img_8354さて、今月の小学校の学校便りが素敵だったのでご紹介。ブナの植樹と苗作りで、次世代、その先を見つめる活動。素晴らしい! 
山の小学校だから出来る事、他校では出来ない活動を考えて実行して下さる先生方、ありがとうございます!

Img_8359

2年生の教科書に載っているスイミー。ウチにたまたま英語版があり、素敵な挿絵が教科書よりも多いので、次男くんが皆に見せたい、と学校に持って行きました。担任の先生が大らかでステキな先生で、皆に見せて英語で読みましょうか、という話になり、時間を取って下さって、次男くんと一緒にSwimmyを英語、日本語両方で読むことに。もうみんな空で憶えているお話だから、英語でも楽しんでくれるのじゃないかな。反応が楽しみ!

| | Comments (0)

六甲山小学校の先生の講演

6月29日

六甲山小学校の中谷先生(理科、自然、生物がお好きな、面白くて素敵な先生!)が講演されるそうで、これは行かなくちゃ! 7月14日(金)午後7時〜 場所、詳細は↓チラシをご覧下さい。
小学校にご興味ある方もぜひ!

Img_8328

Img_8329

Img_8330

| | Comments (0)

長男の「六甲山新聞」

6月28日

長男が不定期に記事を書いて発行している「六甲山新聞」、六甲山小学校のHPに取り上げて頂いていました。長男に見せると、早速、次号のネタを何にするか資料集め。したいことがいつも色々たくさんある子供達に、親も楽しませてもらっています。
http://www2.kobe-c.ed.jp/rks-es/index.php?key=jo5657bwc-153#_153

| | Comments (0)

梅雨の晴れ間

6月14日

Img_8237

5年生、待ちに待った「自然学校」に出発! 梅雨入りしたのに、この青空!そして天気予報は晴れ続き、、、皆日頃の行いが良かったに違いないね(笑) 最初に、淡路島の南にある「沼島」へ。それから兵庫県北部の山へ、海から山への大移動。生まれて初めて家から4泊5日も離れる長男くん、きっと成長して戻ってくることでしょう。おみやげ話が楽しみです。
コアジサイが咲き始めました。今日の大阪湾は晴れ渡って、湾の向こうの建物や、山のそのまた奥の山までくっきり。

Img_8238

Img_8239

Img_8240

| | Comments (0)

小学校の全校キャンプ

4月27日

Img_4632

小学校(と幼稚園さんも)の全校キャンプは、まずケーブルで下山して、ケーブル下で集合、そこから、油コブシ登山道を上がります。それから高山植物園でお弁当を食べ、山上のYMCAへ向かい、今夜はそこで1泊。小学校のHPに楽しそうな写真がいっぱい! 
さてさて子供達のいない家、静か過ぎて、、、宿題〜!と言う必要も無い。子供たちが巣立ったら(ちゃんと巣立ってね!)毎日静かになるんだなぁ。
ふと思い出す「小言いふ相手もあらばけふの月」 (一茶) 文政6年=1824年の俳句。大事な人がいなくて寂しいと思う気持ちは、昔も今も同じですね。

| | Comments (0)

春休み

4月3日

エイプリルフール雪、1日の朝、積雪してゴルフ場は真っ白!

Img_7585

Img_7586

Img_7587

-
-
-
-
でもやっぱり春の雪、月曜日にはほぼ消えて、ゴルフ場のグリーンキーパーさん達もほっとした表情。
庭にミニ水仙が咲き始め、春到来。とはいえ、桜は4月末、山の春はゆっくりです。

Img_7628

Img_7627_2

-
-
-
-
3月末のコテージのお客様から、お誕生日サプライズに、ガトーショコラのリクエストを頂いて、お花もお誕生日気分で選んでみました。定番ふんわり、しっとり、濃厚ガトーショコラはフルーツと生クリームを添えて。 一緒に家用のミニ(写真右)も焼くので、ガトーショコラ大好きの長男くんは大喜び。

Img_7533

Img_7516

Img_7519

| | Comments (0)

卒業式、終業式

3月24日

六甲山小学校の卒業式としては、珍しく春のような穏やかな日、6名の6年生が小学校を巣立って行きました。生徒数の多い学校と違い、山の小学校では卒業証書の授与はあっという間に終わってしまい、残りの時間は、歌(国歌、校歌以外に、卒業生3曲、在校生1曲+退場の時は5年生の歌声で送ります)やスピーチや発表や、卒業生の思い出と、これからの夢が輝くステージ。今回で退官の校長先生のスピーチは、子供達へ伝えたいことがまだまだあるんだ、という熱意に満ちたメッセージでした。卒業式で特に好きなのは、卒業生が一人ずつ発表、宣言する夢/目標。「私/僕の夢、目標は、将来□□になることです。こういう理由でそう思うようになりました。中学校に行ったら、そのためにこんなことを勉強したい、頑張りたい。」 そのまっすぐな眼差しに、もうお母さん方は全員ハンカチ、タオル、ティッシュを手に、、、 その目標に向かってがんばって!と心の中でエールを送ります。
今年の卒業生は、担任の中谷先生に、卒業式の間に皆の前でサプライズの記念品贈呈。先生もびっくり、感動していらっしゃいました。
自然が好きで理科が得意な中谷先生、最後の最後まで、自然観察、校外学習に6年の子供達と山を歩き回られたそう。先生のお陰で、卒業生の1人は理科の面白さに目覚め、科学捜査官を目指すのだとか。先生の影響は本当に大きい。それが希釈されることなくダイレクトに伝わる山の小さな小学校。最高の卒業式だと毎回思い、毎回泣いてしまいます。

Img_7478

Img_7480

Img_7489

Img_7492

-
-
-
-
翌日は終業式。これでウチの子達も4年生、1年生終業。4月から次の学年に! 子供達が元気よく庭で遊んでいる間に、母は1年を振り返り、しばし感慨に浸る午後です。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧