« 雪! | Main | 初スキー@六甲山スキー場 »

Boeuf Bourguignon 牛肉の赤ワイン煮 ちょっと簡単バージョン

12月10日

Imgp2526

今朝は氷点下、マイナス3度。冬になって冷え込んでくると、赤ワインの合う、温かい煮込み料理がいいね!

何度かBoeuf Bourguignonを作り、もともとのレシピから、ちょっと手抜き、ちょっと軽めの味に落ち着いて来た。

ストウプ、ルクルーゼなどのオーブンに入れられるキャセロール(ラウンドなら24、26センチ、オーバルなら29センチ、お鍋が小さいなら、適当に材料を減らしてみて下さい)
温度は、電気オーブンの温度です。お使いのオーブンの火力により、加減して下さい。
ーーー
<材料>
ポトフなど煮込み用の牛肉 1.5kg
玉ねぎ 小〜中2個か大1個 (ざく切りスライス)
人参 中2本か大1本 (縦に半割、斜めにスライス)
   *この野菜は煮込み後、漉して捨てるので切り方は適当でOK
  ニンジンは3、4ミリほどにスライスすると、火が通しやすい
小麦粉 大4
塩 小1弱
こしょう 小1/4
にんにく 2片(つぶすか、みじん切り)
赤ワイン 4/5本 安いものでいいので、ブルゴーニュのものを選ぶと味が合います
ブイヨン 3カップ程度、水とマギーブイヨンでOK(お鍋のサイズ、肉の量により加減)
ブーケガルニ 小1/2 (無ければ適当なハーブミックス)
ローレル 2枚
トマトペースト 大1
ーーー
<仕上げの味付け用>
コニャック/ブランデー 大2
コーンスターチ 大2
生クリーム 大2〜3
バルサミコ 小1
醤油 小2
パセリ みじん切り
ーーー
<後で入れる具材/付け合せ>
玉ねぎ 小〜中2個か大1個
マッシュルーム 2パック 小さければ半分、大きいなら4つにカット
バター(ソテー用) 適当
人参 中2本か大1本 乱切り
グリーンピースかいんげん豆 2袋
ーーー
1)フライパンにオリーブオイルを熱し、牛肉をペーパータオルで包んで軽くぎゅっとして湿り気を取り、焼いていく(一度に5〜6個まで)。外側が茶色く焦げ目が付くまでしっかり焼く。お肉の外側が湿っていると焦げ目がつかないので、焼く前に必ずペーパータオルで!焼けたら順次キャセロールに入れる。オーブンを220〜230度に予熱しておく。
2)お肉を焼いたフライパンで、玉ねぎと人参を茶色く焼き目がつくまでソテーする。
3)お肉が全部キャセロールに入ったら、塩こしょうをし、小麦粉大4をまぶし、木べらでお肉にからめるようにする。フタをせずにキャセロールをオーブンに入れて4分、オーブンから出し木べらで上下を返し、再度オーブンで4分、を3度ほど繰り返し、お肉にからめた小麦粉に火が通るようにする(「ベタベタ」から「ふわっ」という感じ?) オーブンの温度を150〜160度に下げる。
4)キャセロールに赤ワインを注ぎ、お肉が隠れるまでブイヨンを足す(お肉が顔を出していると焦げるので、必ずお肉が水面下になるように!)。ソテーした野菜、にんにく、ブーケガルニ、ローレル、トマトペーストを入れ、ガスの火にかけて沸騰しかけるまで加熱し、フタをして150〜160度のオーブンで2時間半〜3時間加熱する(途中で一度中を見て、水分が減っていたらブイヨンを足す)
5)オーブンで調理している間に、フライパンで玉ねぎを軽くバターでソテーしてひたひたに水を入れブイヨン(キューブなら半分)を入れる。火が通ったらボールか何かに入れておいておく。同様にマッシュルームも炒めてブイヨンで煮る
6)お肉にすっと串が通るくらいやわらかくなったら、お肉を取り出し、残りの汁をボールを当てたザルにあけて、お汁だけを取り出し、キャセロールに戻す。お肉もキャセロールに入れる。もしお肉に脂肪分が多く、お汁の脂が気になるようなら、レードルなどで多少取り除く(あまり頑張って脂を取ると旨味もお汁も減るので頑張りすぎないように。。。)
7)キャセロールをとろ火にかけて、仕上げの味付け用のコーンスターチ(コニャックと余ったブイヨンで溶く)、生クリーム、バルサミコ、醤油を入れる。味を見て、塩、コショウを加え整える。とろみが少なければ、コーンスターチ+コニャックを足してもいい。火を止めておいておく。食べる前にとろ火で温めて、5)の玉ねぎとマッシュルームを入れてなじませる。煮立てないように注意!テーブルに出すまえにパセリを散らします。
8)付け合せ用のお野菜:お鍋に水と塩少々を入れ、乱切りしたニンジンを茹でる。火が通ったかな、くらいで、豆を入れ、色よく茹でてザルに上げる。別の器で出してもいいし、シチューに足してもどちらでも。

ウチでは、これにマッシュドポテトを合わせることが多いですが、ジャガ芋を5〜7mmの厚さにスライスして、ホットプレートでオリーブオイルと塩こしょう、ハーブソルトなどでフタをして両面焼いたものを添えても美味しい。なぜホットプレートかと言うと、一度にたくさん焼けて、保温しておけるから!片面を高温で焼いたら、引っくり返して保温にしておくと、たべるときに丁度いい感じ。

これはウチの子供達(2歳と5歳)も大好き。子供用にはニンジンと豆は一緒に入れてしまうといいですね。

赤ワインは、ブルゴーニュ、コートデュローヌなどを合わせることが多いです。
Bon Appetit!

|

« 雪! | Main | 初スキー@六甲山スキー場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雪! | Main | 初スキー@六甲山スキー場 »