« わ〜い、雪! その2 | Main | ゲリラ雪! »

ガーデンレクチャー

2月23日

宝塚ガーデンフィールズのナチュラルガーデンSeasonsで、イギリス人ガーデンデザイナー、Paul Smitherのレクチャーがあるというので、早速申し込みをした。彼の手がける八ヶ岳のナチュラルガーデンは標高がウチと同じくらい、自然のススキやイネ科のグラス(つまりその辺に生えている雑草)を活用した庭作りはとても参考になる。彼の本も殆ど全部持っているが、彼の率直なコメントが面白い。日本はとても植物の種類が豊富で、日本の山野草や樹木がイギリスでは高価なのに、日本では見向きもされず雑草扱い。そして輸入ものの植物を使ったいわゆるイングリッシュガーデンがもてはやされていたりして、矛盾を感じるのだそうだ。
ご興味のある方、レクチャーの詳細は下記ご参照下さい。

“ポール・スミザー” ガーデンレクチャー
「シーズンズで学ぶナチュラルガーデンづくり」

ガーデンデザイナー“ポール・スミザー”氏自らがナチュラルガーデンづくりのノウハウをレクチャーいたします。ポール氏と一緒に見頃の花々を見ながら、それぞれの特徴や管理手法のほか、室内でのスライドや実演等により、植栽・設計のポイントについて詳しく学んでいただきます。
園芸知識をはじめ、それぞれの時季に応じた庭園での作業方法などを組み合わせておりますので、全4回を通して受講していただくと、ポール流のガーデン設計をより具体的に理解することができます。また、1年を通し変化していくシーズンズの姿を体感することで、実践的なナチュラルガーデンづくりの第一歩としてご活用いただける内容となっております
*受講者による作業実習はございません。

■時  間:9:00〜11:30
■料  金:各回3,500円(庭園入場料を含む)※4回連続でお申込みをされた場合、通常14,000円のところ、12,000円にて受講していただけます。
■会  場:英国風ナチュラル庭園「シーズンズ」
■定  員:各回60名(要予約・先着順)
■受付開始日:2月15日(月)〜  ※定員になり次第、受付終了
■申込方法:宝塚ガーデンフィールズまでお電話にてお申込みください。TEL:0797-85-6210(水曜を除く9:30〜18:30)
■その他:・雨天時は、プログラム内容を変更する場合がございます。台風などの悪天候時は、講座を中止することがございます。

第1回 4月 3日(土) 
「自然風庭づくりの考え方と春の庭仕事」
チューリップやスイセン、ムスカリなどの原種系球根が咲き揃う季節に、ポール流の庭づくりやナチュラルガーデンの考え方の基礎を学んでいただいた後、数ある春の園芸作業のうちでも特徴的なものを選び実演を交えて講習します。
内  容:
・シーズンズに特徴的な多年草の組み合わせ方などの植栽方法の見学。
・葉を楽しむために欠かせない芽吹き前の剪定作業について。
・暖かくなる時期にやっておきたい多年草の株分けや更新作業について。

第2回 5月16日(日) 
「庭園にバラを取り入れる。健康的に育てるための品種選びと手入れ方法」
バラを中心とした花々が咲き誇る季節に、シーズンズ内に植栽されているバラの品種を紹介し解説した後、バラを農薬や科学肥料を使用せず健康的に育てるための植栽方法や管理手法を講習します。
内  容
・バラと多年草を組み合わせた植栽方法や、つるバラの花後の剪定や、シュートの誘引方法について。
・バラを自然風に植栽し多年草ともマッチさせる植栽方法や、病害虫に対しての考え方、無農薬でも丈夫に健康に育つ品種選びと手入れ方法について。

第3回 9月19日(日) 
「環境にあわせて楽しむための植物の選び方と植栽計画」
多年草の成長が最盛期を迎えた庭園で、様々なシチュエーションで生かされる植物の性質や使い方を知り、テーマ別に作られている庭園内の各エリアの特徴を学ぶことで、環境にあわせた植栽計画づくりの参考にしていただきます。
内  容:
・日陰向き、森林風のしつらえ、草原風やドライガーデン、ガーデンルームなどのエリアにおけるテーマと特徴と、それぞれのエリアの植物の特性について。
・植物選び、壁面やアーチ、パーゴラなどのガーデン素材の使い方を中心とした、庭園計画について。

第4回 10月9日(土) 
「グラス類や秋の実りに見るナチュラルガーデンの魅力と原種系球根の選び方」
ナチュラルガーデンを象徴する、美しく楽しい変化が見られる植物を中心に庭園を見てまわります。グラス類の特徴や手入れ方法、管理しやすい原種系球根の選び方などを学びます。
内  容:
・移り変わりの美しいメドウガーデンや色とりどりに実る樹木や多年草など、1年を通して楽しめる植物の魅力について。
・多年草やイネ科などのグラス類との相性がいい原種系球根を早春の庭園の彩りとして活用する方法、品種選びについて。

ホームページはこちら:
http://www.gardenfields.jp/seminar.htm

|

« わ〜い、雪! その2 | Main | ゲリラ雪! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« わ〜い、雪! その2 | Main | ゲリラ雪! »