« 三寒四温 | Main | 餃子三昧! »

ポトフ肉じゃが

2月28日

昨晩は雪が降っていたが、今日は春みたいないい天気!お陽さまサンサン、雪もみるみる融けていく。それでも日向の外気温は3℃、日陰の雪、氷は今日一日では融けないだろうなぁ。

さて、いつも思いつきで適当にゴハンを作るが、この冬ダンナにヒットしたのは、冷え込む夜にピッタリの「ポトフ肉じゃが」

西宮の住宅街にある、お気に入りのお肉屋さんに行くと「ポトフ肉」という分厚いお肉を売っている。スーパーのカレーシチュー用とは趣が全然違う。そのポトフ肉は3、4センチ厚の固まりに近いお肉だ。名前の通りポトフにしてももちろん美味しいが、今回は肉じゃがに!

まずお肉を豪快に大きめにカット(4〜5センチ角)、炒めて外側に焼き色を付けてから、鋳鉄のStaubのお鍋で水を入れて弱火でくつくつ煮込む。ウチではストーブの上に置いて2時間ほど放っておく。
お酒、砂糖、塩、醤油で適当に味付けし、ベランダに2、3時間出して冷やし、表面に固まった脂肪を取り除く
じゃがいも、にんじん、玉ねぎを大きめに乱切りしてどっさり入れ、だしコンブも多めにチョンチョンと切って入れ、煮る(ひたひたになるように水と調味料を足す)
煮えたら、たっぷりグリーンピースを入れて一煮立ちさせ、火を止めてフタをしたまま少し休ませて味をしませる。豆腐はそのときの気分で入れたり入れなかったり。ダンナがこんにゃく好きじゃないので省略、グリーンピースは伊作の好物なのでたっぷり入れるようになった。

テーブルでお鍋のフタを取ると、湯気がウワーっと上がって、大きいお肉がゴロゴロっと見えるだけで肉じゃがなのに、ちょっとだけ豪華な気分(笑)
長時間煮込んでも翌日になってもお肉がパサつかず、筋の部分がトロリとして美味し〜い!コンブがこれまた美味。
ダンナは一口食べて、この肉じゃがには赤だ、と赤ワインを開けていた。

単純なお料理が美味しく出来るのも、いいお肉屋さんのお陰。素材の味がいいと何でも美味しく出来るね!

|

« 三寒四温 | Main | 餃子三昧! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三寒四温 | Main | 餃子三昧! »