« 今週末は氷の祭典 | Main | 大雪 »

山の消防機能

2月8日

Fireengine 先日、犬の散歩で坂を上がると、、、何やらものものしい出立ちの男達、蛍光色のマークが光っている。あれっ、消防車!?
何かあったのかと聞いてみると、3月に六甲山の消防の演習をすることになっていて、消火栓、ホースなどの設備チェックとのことだった。消防士さんも言っていたが、山の消火栓はまばらにしかなく、消防車が上がって来るにも時間がかかる。実際火事になったら本当に大変である。

数十年前には、住吉山手あたりから出た火事で、西谷山(六甲山の南斜面の地区名)一帯が焼けたとどこかで読んだことがある。もし万が一火の粉が飛んだら、と落ち葉も怖くて燃やせない。BBQをするときは2階のデッキで、庭では決してしない。蚊取り線香も必ず専用のケースに入れて使う、など気をつけるようにしている。

それから「女が怒ると家が火事になる」と言うから、平常心、平常心、、、(笑)

ところで、その灘区の消防士さん達は、消防演習の下見のために雪と氷の下に隠れた消火栓を塩カルまいて発掘していた。そういう姿を見ると税金がちゃんと使われているなぁ、と嬉しくなるね。

|

« 今週末は氷の祭典 | Main | 大雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今週末は氷の祭典 | Main | 大雪 »