« 六甲山魅力再発見市民セミナー | Main | セミナーにご参加ありがとうございました »

真冬の事件

2月15日

Imgp7601 Imgp7600 Imgp7598 -
-
-
-
-
朝、新聞を取りに出たダンナが慌てて戻って来た。ドアのすぐ外、階段、道、ずっと血痕が!それもまだ新しい。新聞屋さんがバイクで転んだかと電話したが、ピンピン元気だった。動物か、動物が何でウチの玄関先にこんなに流血するんだ?と首をかしげつつ犬の散歩に出た。いつもの散歩コースにずっと血痕が点々と。。。
あー!さては、イノシシ発情期???
そういえば、イノシシは犬並みに鼻がいいのだ。昨晩はドアの内側にゴミの袋を置いてあった(動物を寄せないよう家の外には決して置かない)。ドア越しにゴミの匂いをかいで、ウロウロしていたから血の量が多かったのかも。イノシシは鼻で70kgの物を持ち上げることが出来るとか。ドアを壊されなくて良かった。
ワタシ:「ねー、もっと頑丈なドアにしたいなあ、イノシシが壊せないような」
ダンナ:「。。。あほか」
それにしても、石にしみ込んだ血、取れないだろうなァ(タメ息)
さて、生臭い話は終わりにして、、、

Yuki080215_1 Yuki080215_2 Yuki080215_3 -
-
-
-
-
お散歩コース、ゴルフ場を抜ける「こもれびの道」の雪は融けないまま増え続け、とうとうフェンスのトンネルに手が届くくらいになってしまった。大勢の人が歩く道だが、細く踏み固めた部分だけしか歩けない。標識も7割は雪に埋まってしまった。

この週末の後は寒さも少し緩むらしいが、4月までは雪と凍結に油断出来ないね。

|

« 六甲山魅力再発見市民セミナー | Main | セミナーにご参加ありがとうございました »

Comments

土曜日のセミナーはお疲れ様でした。
このブログで講師をなさることを知り、当日の朝に路面状況を確認しての出席でした。
ご一家に直接お会い出来て、とても嬉しく思いました。
興味あるお話を色々お聞かせ頂き、とても勉強になりました。 やはり実践されている方のお話は説得力が有り、また参考になりますね。
今後も山暮らしの天国と地獄のお話を楽しみにしております。

Posted by: 櫻井 | February 18, 2008 at 12:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 六甲山魅力再発見市民セミナー | Main | セミナーにご参加ありがとうございました »