« 馬が好き! | Main | カニ+猪ニアミス »

山渓2月号、増加する六甲の遭難

1月18日

「山と渓谷」の2月号に、「増加する六甲の遭難」という記事があるので買ってみた。

ヘリが飛び交うと遭難者が出たんだな、と思うのだが、年に数人かと思っていたら大間違い!'07年度の遭難件数は約30件!?兵庫県の山岳遭難の半数を六甲山が占めるとか。六甲山は圧倒的に登山者数が多いのだが、他の関西の山岳県全体の遭難数より件数が多いのだそうだ。

市街地に隣接し、山上に車道、商業施設があり、手軽なハイカー向けルートが多数あるため、「山岳」という意識を持ちにくいことが原因ではないか、とのこと。
全く知らなかったのだが、一昨年には5人のハイカー、登山者が亡くなっているのだそうだ。

六甲山で遭難が多いのは、五助山(道迷いの代表的コース)、西山谷(重大事故が頻発する熟練者向きコース)その他水晶谷など。

Tsuhoplate 山に住みながら、数少ない決まったコースしか歩いていないが、これからもバックカントリーは絶対やめておこうと思った次第だ。神戸市内の山域なら全87コース、806カ所に通報プレート(救急車の描かれた黄色いプレート)が設置されている。熟練者の方でなければ、標識が無いコースはやめておきましょう!

感心したのは、神戸市消防局のヘリは、日中である限り急行し、通報から飛び立つまでが5分、現場まで5〜10分で到着出来るということ。遭難を少しでも減 らすため、救助要請は遠慮なくしてほしい、という姿勢なのだそうだ。目立つように合図をするのも大切。ある遭難者はカサを開いて振ったので見つけてもらえ たとか。折りたたみカサ、そういう使い道もあるとは。買うなら蛍光黄色とか目立つ色にしよう!

|

« 馬が好き! | Main | カニ+猪ニアミス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 馬が好き! | Main | カニ+猪ニアミス »