« 玄関の階段 | Main | 朝焼け »

KGCでコンサート

10月15日

Concert 神戸ゴルフ倶楽部のヴァイオリンコンサートに行って来た。この企画は、ケーブル駅〜ゴルフ場の間を夜景ナビゲーターと一緒に歩いて夜景も楽しむ、という趣向。参加者皆さんの日頃の行いが良いのだろう、晴れて夜景もキレイ!

私たちは夜景ハイキングはパスして、直接ゴルフ場に向かった。普段は夜になると人っ子一人いない山の道だが、今晩は前後にイベントスタッフ、ナビゲーターの方、参加者の方たちが歩いていて、なんだかにぎやか!

ゴルフ場のクラブハウスは、ヴォーリーズの建築でクラシックな雰囲気が素敵な建物だ。その建築や維持について、まず建築家の江藤氏より説明があった。

今回のコンサートのテーマは、ジプシー・ラテン音楽。アルゼンチンタンゴ、コンチネンタルタンゴ、サラサーテ、サンサーンスなどの情熱的な音楽を、少人数限定だけに超至近距離で、また曲の合間にはヴァイオリニストの金関さんの軽妙なトークも入り、贅沢かつ楽しいコンサートだった。ダンナのパパはクラシック好きなので、丁度パパが遊びに来ているときにこういうイベントがあって良かった!

伊作も最初の3曲くらいはヴァイオリニストを見つめて大人しくしていてくれたが、その後は歩きたい、動きたい、とジタバタし始めたので、廊下を行ったり来たりしながら、聞こえてくる音楽を楽しんだ。こういうステキな企画がこれからもっと増えるといいな〜。

Kouji 話は変わって、先日から、チェーンソーの音と、メリメリメリッ、ドサーン!と木が倒れる音がするなぁ、と思っていたのだが、尾根のところに穴が!どうやら、砂防工事?の資材運搬用ケーブルを張るための鉄塔を建てていたようだ。小さいデジカメのズームでは捉えきれないが、人と塔がかすかに写っているいるのが見えるだろうか。夜になると、その穴から夜景が切り取られたように見えて面白い。

山も日々変化しているんだね。

|

« 玄関の階段 | Main | 朝焼け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 玄関の階段 | Main | 朝焼け »