« 梅雨の嵐 | Main | 絵本ー山暮らしのルーツ »

ひょっこり 山の動物たち

6月27日

昨日、車で走っていると、車道を走っている「野うさぎ」くんと遭遇。車が来てはねられたら、とはらはらしたが、運良く反対車線に車は無く、うさぎは無事薮の中へ。。。

先日は、ゴミ捨て場の緑のカンのフタを開けると、アライグマがひょっこり顔を出してこっちをじーっと見るではないか。こっちの方がうろたえて後じさりしたが、アライグマくん、まったく動じず、そのままゴミ漁り。

アライグマなら出くわしてもいいが、、、
昨晩はヤードの下の方にイノシシが2頭来ていたようだ。最近あまり見なかったのだが、先週あたりから、犬の散歩コースで、イノシシが掘り起こした跡(ミミズを求めて?)をよく見るようになった。エサ場の移動だろうか?

3、4年前、出かけようとした時に、イノシシが家と駐車場の間の通路でのんびり土を掘り返していたことがあり、家を出るに出られず、約束をキャンセルしたことがある。突然キャンセルされた友達も、理由を聞いて笑っていたが。

Nezumi_1それはそうと、山のねずみ、、、街のねずみとは種類が違い、山ねずみは鼻がとがっていて小さい(5センチくらい)。本来なら土手の中などに住んでいるが、屋根裏に引っ越す不届きなねずみも。台所で悪さなどは全くしないので、深夜に時々かすかな音がしなければ、いるとは分からないくらいだ。
しかし殺鼠剤は使いたくないし、ねずみ取りは後の処理が大変だし、と思っていたら、新製品の忌避剤を見つけた。アース製薬の「ねずみのみはり番」 ハッカ油など天然成分だけで、ねずみが住みたくない環境を作る、というもの。
試しに屋根裏に欲張って2つも置いてみた。隙間の多い我が家、たちまち家中がハッカでスウスウして来たのだった。効き過ぎ!というわけで、1つだけにした(笑)
今のところ、屋根裏の物音がしないので、ハッカの匂いに辟易して引っ越してくれたのならいいが!

|

« 梅雨の嵐 | Main | 絵本ー山暮らしのルーツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 梅雨の嵐 | Main | 絵本ー山暮らしのルーツ »