探究学舎へ

 

Img_4751Img_4767

Img_4774Img_4777Img_4787Img_4779

Img_4791

Img_4796

-

-

-

-

-

 

探究学舎の体験版:宇宙編、元素編、生命進化編に子ども達2人と参加!体験版と言っても、1コマ90分を3コマ、集中もつかな?と思ったけど、流石の宝槻さん、好奇心を刺激してグイグイ引き込むお話、映像、仕掛けの数々。同じテーブルの子達で話し合って意見をまとめるのも良かった。吉哉くん、初対面の子に声をかけ、一緒に進化カードの順番を考えて並べていました。
3、4年前から探究学舎面白そうと注目していて、関西に来るのを待ってた!最近、宝槻さんはTVの「情熱大陸」で特集されて、今回の体験版も告知後あっという間に満席に。
伊作は教育の分野に進みたいから、授業を楽しみつつも、宝槻さんの授業の進め方や話、周囲の子ども達の様子を観察。感じるもの色々とあったみたい。好奇心の起爆剤を投げ込み、子ども達が嬉々としてもっと見たい、知りたい!と叫ぶ、、、親の私も楽しみました!夏休みにまた関西でも開催予定、オンライン版も始めるそうで、楽しみ!

| | Comments (0)

六甲山小学校の卒業式

3月22日
六甲山小学校卒業式。途中には大変な年もあったけど、最後の年は、フリースタイルな先生のお陰でとても楽しく(勉強は高速でシッカリ+勉強外の活動たっぷり、そこここに社会勉強も盛り込まれ)たくさんの良い思い出と共に卒業することができて、中谷先生に心の底から感謝。低学年に優しく!を6年生全員で頑張った成果が、卒業式の途中から2、3年生がオイオイ泣き出してとまらないところに見えました。こんなに慕ってもらえるなんて、何より嬉しいことでした。六甲山の登山道を歩いたり、星空観察の観望会、ブナを育てるプロジェクト、砂防の研究などなど、理科の先生だからこそ出来た教室外の活動が素晴らしかった!ダム好きの先生と見学に行ったあちこちのダム(砂防の一環ですね)も良い思い出。記念にお揃いのTシャツを作って先生にプレゼント!黄緑色が好きな先生に、黄緑のお花のアレンジと一緒に。素敵な先生との出会いで、伊作くんの「先生か教育に関わる人になりたい!」という気持ちが強くなって行きます。これからも色々な個性豊かな先生との出会いがありますように!
Img_4452Img_4455Img_4461
在校生、家族、先生方に見送られての門送り。在校生から持ちきれないほどの手紙やプレゼント、愛された6年生、がんばって良かったね。
Img_4465
Img_4421Img_4447
お揃いTシャツ
Img_4467
1年と3年の時の先生からのメッセージ、懐かしい。

| | Comments (0)

教育の新しい波、早く!

2月23日

Eduinfo

あの教育界の改革の先駆者、麹町中学の工藤校長が、ご自分よりも「ぶっ飛んでいて、うんと素敵な校長」とご紹介されていた記事。教育の変化の波、勢いを増していると期待したい!
子供側の、規則が理不尽だとか、学校がつらいとか、また、先生側の、生徒が規則を守っているか調べたり、守らせるために(+守らない子を叱ることに)費やす時間とエネルギー、本当に勿体ない(その規則、本当に必要?)。自由の中で、自分は何をしたいのか、どうすることがよいのか大事なのか、今自分のしていることは何のためなのか、自分の目標の役に立っているか、考える練習を今しなくていつするの? そして誰でも何才でも愛ある環境は大事! 
学校生活を自由で楽しいものに。この校長先生のような取り組み、日本中に広がって! 神戸にも早く!!!
-
最近新聞にも取り上げられていましたが、学校へ携帯、スマホを持って行くことについて。
地元中学校の説明を読むと、「問題を防ぐために持ち込み禁止」ーー起こりうる問題や、モラルの指導についても記載があるものの、、、問題が起こるかもしれないから禁止では、根本の解決よりも棚上げ(思考停止)するだけのような気がする。スマホの奴隷にならないように、賢くスマホを使いこなせる人になるように子供が自分で考えてほしいし、スマホでSNSのイジメが、というなら、スマホ以前に、イジメがなくなるように、いじめたい気持ちにならないくらい、皆が楽しくイキイキ充実するような学校にする方向に努力する方が有効そう(上記、写真の記事のように)。LINEにハマるなら、自分のしたいこと、熱中することの無い寂しさ、承認欲求を埋めているだけかも、なぜそうなったか、子供が興味をもったことを応援せずにきたのかもしれない。親心で「そんなことより勉強」とついつい言ってしまいますが、繰り返していると、子供は興味を持たなく、トライしなくなっていくような気がしませんか? スマホでゲームばかりするから学校で禁止してくれと言う親がいるなら、それはそもそもゲームより面白いことが人生にはたくさんあると教えられなかった(その時間がなかった)親サイドの問題かも。ウチはゲーム機ゼロの家だけど子供から苦情が出る事も無い(したいことが多過ぎて毎日時間が足りない!)。ゲーム=悪でもない。子供がゲームクリエイターやプロになると言うなら、それも人生、やるからには突き抜けろ、とメリットやリスクを一緒に考え、どんな仕事にせよ、一生学び続けること、2足3足のワラジどころか色んな仕事が出来るように考えることを手伝うとか。子供が自分で人生をどう計画、実行していくか、学生の間にたくさん考えて、いろいろトライできるといいな。

| | Comments (0)

読み書きに困っている子供の目が原因かもしれない件

2月9日

Img_4099

Img_4100

Img_4101

-

-
-
-

Img_4102_2

Img_4103_2

奈良、橿原市のオプトメトリスト(アメリカの検眼士の資格)さんのところに次男くんの再チェックに行って来ました。

昨年の春頃に「字が斜めに揺れて読みづらい」と言ったこと、字が練習してもなかなか上手に書けず学校でつらくなったこと、しかし視力検査では1.2と悪くない(一般的な視力検査では「黒板が見えるかどうか」の遠見視力しか調べない)ことから、ディスレクシア(文字が回転したり正しく見えないため読み書きに困難が出る)の可能性を考え、すぐに検査したくてもLDセンターはどこも数カ月待ち、、、

そのオプトメトリストさんは見え方の詳細な検査(日本の眼科での検査よりも種類も多く、角膜の状態から詳細に分析)をした上でディスレクシア専門の特殊なレンズをオーダーメイドで作る事が出来ると分かり、事情を説明して伺ったのは昨年5月のことでした。

その時に、遠くを見る遠見視力は良いが、近くの焦点が合わず、字がぼやけてにじんだ毛虫のようにしか見えていない事、視点を移動した時に合わせる力が弱いこと(例えば、黒板、ノート、黒板と視点をジャンプすると焦点が合わない)などが初めて分かり、焦点を合わせるための補正レンズを次男の目に合わせて作りました。

そこで初めて、次男くんは、他の子達は字がはっきり見えていて、自分には見えていなかったことが分かり、つぶれかけていた次男の顔がパッと明るくなりました。メガネに慣れるのにしばらくかかりましたが、2ヵ月後には自分から本を読むようになり、書く文字も以前より格段に小さくきれいに書けるようになりました。毎日宿題に2〜3時間かかっていたのが半分以下になり、本人も少し楽になりました。

私達はあちこち見ても自然に焦点を合わせていますが、それが出来ないと、視点を移す度にぼやけたら動く事に不安になりますよね?(例えば、吹雪の中でのスキーを考えてみて下さい)それが解消したことで活動的になり、一輪車に上手に乗れるようになり、インラインスケート(ハーフパイプ)もやる気が増してぐんと上達しました。
今回8ヵ月後のチェックで、レンズを作り直し、読んだり視点を移動するテストスコアも以前よりも20点以上アップ、かなりの改善が見られて、「見え方」の検査の職人のようなオプトメトリストさんと出会えたことに心の底から感謝。
本によると、近見視力に多少なりとも問題を抱える人は日本でも全体の20%ほどいるらしく、次男くんのように、メガネで見え方が改善すれば学習も生活もうんと向上する子供達、学校であれも出来ないこれも出来ないと言われ続け自分は出来ないと思い込んでいる子供達、次男くんの他にもいるのでは。海外では小学校低学年で視力+見え方(遠見と近見視力の両方)の検査をして必要な対策を取るのに、日本は遠見視力だけ。アップデート必要です。
では高度な機械で検査すれば全て分かるのかと言うとそうではなく、オプトメトリストの松本さんの地道な積み重ねによるもの。検査データのこういう数値の組み合わせの場合こういう見え方という、長年の蓄積からの分析が一番大事なところだと思います。
ところで、次男くんの検査に感銘を受け、私の遠近両用レンズもアップデートしたくなり(笑)検査してもらいました。機械での角膜の収差などの検査、テストを次々としても1時間ほどかかり、遠視とか乱視の他に、上下の斜位があったとは、、、生まれた時から上下左右のズレを調整して見ているから(=力を入れるから疲れる)気付きませんでした。私の目、なかなかに無理していたんですねぇ、、、私が眩しいとあまり感じない(サングラス不要な)ことも数値的に証明されて、面白かった!
新しいレンズが楽しみ。


追記:ちなみに、読み書きがうまく出来ないと、学校はまず知能検査ということが多いと思います。しかし文字や図が見えていない状態で知能検査のペーパーテストをしても正確に判断できるわけがないですね。また見ることにすぐ疲れてしまうので、集中が続かないと、今度はADHD傾向だと言われます(それもあっても不思議ではない。私も夫も自分でADHDだと思いますし)。それからもう一つ分かりにくかった理由の一つが、次男の「形、立体の認識能力」の高さ。目の検査で、視覚的にはぼやけてよく見えていないはずなのに、そのぼやけた形から予想して正答できるので、形の認知能力が高いです、と言われましたが、それは知能テストの結果とも一致していて、次男はその部分だけが飛び抜けて高かったのです。それ故に見えていないことが他の人には分かりにくかったというのは皮肉なことです。

学校からの眼科の追加検査では、次男くんは斜位はあるが『正常』です。医師に「文字が見えていなくても正常ですか?」と質問すると、眼科的には、手術や緊急な治療を必要としなければ『正常』なんだそうです(しかし普通の親は視覚が正常と聞けば、では頭の問題か、と思ってしまうでしょう)。学校の先生に視覚の見え方の説明をしても、親の言うことよりも知能検査の点数だと言われたり、薬を使うことの示唆があったり(ケースバイケースで必要な方もおられるでしょうが、アメリカで薬物等のカウンセラー経験もある義母からは次男には絶対に必要ない、使うべきではないと言われています)、、、同じ思いをしている親子、他にもいるんじゃないか、学校への不満ではなく(見えていなかった2年間分追いつくのは大変で、親身にサポートして下さっている先生に感謝)、単に現状と、近見視力の検査、周知が不足していることを憂慮して、書きました。読んで下さってありがとうございます。-

| | Comments (0)

雪国の日

2月1日

Img_4060

雪景色、青空、太陽の光に輝く神戸の街と海。
これは冬の六甲山ならでは。
温暖な神戸の街(瀬戸内気候)と、六甲山上(北海道/東北気候帯)のギャップが面白い。
雪に覆われた庭と、コテージ。

Img_4057

Img_4056

Img_4058

-

| | Comments (0)

2019年 お正月

1月3日

新年明けましておめでとうございます。

キーンと冷え込んだ夜明け前、空の月と金星と木星を追いかけるように、太陽が。
数年ぶりの、地平線に雲の無い、穏やかな美しい初日の出。
2019年が皆様にとって、日本も世界も、穏やかな年となりますように。

Img_3513

Img_3515

Img_3517

Img_3519

Img_3528

-
-
-
-

| | Comments (0)

年末

12月31日

Img_3475

大好きなVestitaさん(阪急六甲の花屋さん)の「しめ飾り」を玄関にかけ、お正月用のお花と、鏡餅に応援してもらって、気になっていたところの大掃除も出来て、新年を迎える準備ができた、という気持ちになりました。
忙しいと、ついつい、省略しがちな季節や節目のこと、少しでも伝えて行きたいと思い、しまい込んだままだったお重箱を引っぱり出し、品数は少ないけれどお節も作ってみました。要領が悪いから時間がかかる!
寒波が入り、少し積雪した六甲山。朝の散歩で凍り付いた植物を見るのも楽しいのです。

Img_3476Img_3492Img_3496

-
-
-
-
来年は亥年。長男くんが10分ほどで、レゴのパーツを探して作った「薮から出てくるイノシシ」。なかなか上手く特徴をつかんでいるな、と感心。

Img_3500Img_3503

| | Comments (0)

積雪

12月28日

Img_3456

Img_3455

寒気が入って雪の予報に、慌てて27日にタイヤを冬タイヤに替えて、、、翌朝積雪。ぎりぎりセーフ! 間にあって良かった! 年末の買い出しも、仕事も用事も、車が使えないと大変! コテージの予約があるので、子供達は喜び勇んで、通路の雪かき(+雪遊び)。してもらえて助かる!
今年もあと4日。
ともかくもあなたまかせの年の暮れ。(一茶)

| | Comments (0)

学校行事 11月

12月10日

長男は6年生、行事が一つ一つ終わって行きます。

Img_2947

B_1175506210月下旬に毎年行われる薪ストーブの火入式。マイギリという道具で火を起こす、見ているだけで腕肩が痛くなりそうな作業です。子供達みんな一生懸命で、火が着いたときは歓声が上がります。
-
11月3日の音楽会、人数が少ないだけに、一人一人責任重大、、、みんな一生懸命練習して素敵な演奏や歌など披露してくれました。

Img_3017

Img_3020

Img_3025_2-
-
-
-

神戸ゴルフ倶楽部のコースを使わせて頂いて行う「六甲山を元気に走ろう会」
アップダウンのきついコースを走ります。走った後はお楽しみのロケットを飛ばします!

Img_3184

Img_3188

Img_3214

-
-
-
-

Img_0206

全山縦走: 小学校の3年〜6年生が、縦走路を4区間に分けて、年に2回。6年の長男と3年の次男が一緒に参加できる最後の縦走。親も参加可能で、子供達と一緒に歩けます。寒波が入る直前で良かった!

| | Comments (0)

初雪

12月9日

Img_3255

今朝は初雪、マイナス3℃、とうとう冬到来。
10月終わり頃から体調を崩し、11月は2回ダウンして、入院したり、、、
11月は学校行事多く、音楽会、走ろう会、全山縦走は雨で延期になって12月の始めに。学校行事は、またまとめて別に。
あっという間に1年が終わって行きます。元気でいるために、運動開始!したら全身筋肉痛になり、笑えるくらい。がんばります!

| | Comments (0)

秋から晩秋へ

10月21日

今年は自然災害の多さには参りました。秋冬は穏やかにお願い!
初めて、地域の避難所である六甲山小学校の体育館にお世話になりました。しかも3度も! 準備も慣れて手早くなり(そんなの上手くならなくていいって、、、)、食糧(2、3食分のご飯とおかず+おやつ)、飲み物、テント、寝袋、生活用品、コンピューター等の仕事の必需品、本やボードゲーム等々を持って移動。家に帰るまで屋根が飛んで無いか、倒木が無いか、心配で。多少の倒木や大枝が落ちたりしたけれど、とりあえず家は無事。だけどソーラーと駐車場の車の充電器は未だに壊れたまま、、、

Img_2620

Img_2632Img_2636-
-
-
体育館にて
Img_2775Img_2792Img_2734
-
-
-
-
台風過ぎてコテージに来て下さったお客様、お外で遊べてよかった。
それから絵心のあるお客様が残して下さったスケッチ! お上手! 薪ストーブの火起こしをするダンナ、、、これは永久保存!
Img_2804Img_2802Img_2805-
-
-
転校してしまったお友達が遊びにきてくれました。植物や昆虫の好きな気の合うお友達、いなくなって寂しいな、、、だけどこうやって時々会えたらいいね。ワレモコウ、リンドウ、アサギマダラ、と見付けてはお山の野原を一緒に歩きました。
空と植物。季節は秋から晩秋へ、、、
Img_2751Img_2772Img_2836-
-
-
-
Img_2832Img_2834Img_2924
-
-
-
-

| | Comments (0)

詩と地球儀

9月12日

Img_2406

-
-
六甲山小学校の玄関ホールに、教頭先生が手書きで書いて下さる詩がとても素敵で、毎回楽しみにしています。今回はテーマに合わせてさりげなく地球儀が置いてあるのも、絶対教頭先生♡ 地球や自転や時差や色んな場所に興味をもってくれたらいいなと思って置いて下さったのかな、と嬉しくなって、私も地球儀をくるくると回して見てしまいました。教頭先生、いつもありがとうございます!

| | Comments (0)

台風21号 関電のスーパーヒーロー

9月5日

Img_2434

台風一過、穏やかな青空が広がった。
4日は、朝から1日分の食糧や寝袋、大事な仕事のもの、避難用意一式(子供の本やボードゲーム含む)を用意し、六甲山小学校の体育館へ避難した時には、既にかなり雨風が強くなっていた。前回風速60メートル程だったときは、デッキが半分飛んで無くなったんだった、とか、屋根が飛ぶかも、後ろから倒木が屋根に落ちたら、、、と心配しながらの移動。
夕方に、台風が過ぎてから、ダンナが家の様子を確かめに。倒木が道を塞いでいたのは想定内。避難する前から車にチェーンソーを積んであったので、倒木は玉切りして、切り開いて進む。屋根も壁も無事! 

Img_2442

だけど停電。関電のHPを見ると、200万軒以上が停電、8000人体制で作業されているとHPにありました。それでは人口の少ない六甲山に来てもらえるのはいつになることやら、、、とがっくりしていると、仕事からの帰り道に関電の車を見かけたダンナ、その車を追いかけて、見てくれるようにお願いしたら来てくれました!関電のスーパーヒーロー! 早速電柱に上がって、線やヒューズをチェック、、、
既に24時間停電していて、冷蔵庫冷凍庫も単なる箱。後で山を下りてお風呂屋さんに行かなきゃと言っていたのでした。
祈るような気持ちで家族全員で作業を見つめること20分。電気復旧!ヤッター! 電気のある有り難さ。関電の皆さん、ありがとうございました!

| | Comments (0)

8月半ば

8月15日

Img_2298Img_2302Img_2311

-
-
-
-
あっという間に8月も半ば、夏休み半分以上終わっちゃった! 短い六甲山小学校の夏休みは29日まで。30日から登校です。 夜明けが遅くなってきて、6月には一番早くて4時46分頃だった日の出は、今は5時20分に。長男と朝ランに行くと、ふと綿菓子のような甘い匂い、カツラの木です。本来は秋に香るはずだけど? ヒグラシの大合唱も鳴りを潜め、夏はもう終わり??? 散歩中に次男くんが見つけたテントウムシの幼虫。1〜2ミリ!よく見つけるね!
-
夏は山上で、家周辺で過ごすことが多くなります。

Img_2177Img_2179

窓から極地的雨を観測したり
←海の一カ所だけに雲から雨が降っているのが分かります。

Img_2309Img_2310

お空の雲の種類の名前が気になってみたり、、、
「雪は、雲の中で出来て降って来るんだよ。」
雲は水の粒の集まりだもんね、親にも勉強になります。

Img_8955Img_9016

夜のナイトハイク虫取りにお友達と出掛けたり、、、
パパの出番です!

Img_2278Img_2275_2

虫にインスパイアされてレゴでセミを作ってみたり
左はアブラゼミ(羽が茶色)
右はヒグラシ、どちらも次男くん作。
Img_2191_2

Img_2261

学校から夏休みの間お借りした一輪車の練習も。9月の運動会で使うので、乗れるようになりたいわけ。がんばってるね!

コテージ繁忙期の夏、お掃除にお勉強持参でお付き合いしてくれる長男くん。

夏は駆け足で過ぎて行く! 

| | Comments (0)

7月いろいろ

7月26日

豪雨、酷暑、今年の7月はどうなってるの??
庭に野うさぎ

Img_2033

今年もスイスからお客様

Img_2037

地図記号の自作カルタ

Img_2051

-
-
-
-
コテージに、オーケストラのチェロ奏者グループが、合宿に来て下さいました。猛暑の中で、少し暑さが和らいだ土曜日、熱のこもった練習の後は、涼しい風が吹く夕暮れから、デッキでローストビーフ、ラクレット、スパークリング、白ワインの素敵な夕食会をされていました。晴れた夜空に星が見える頃には気温は22度。皆さんコテージに戻られた後も、即興で演奏されていたそう。2棟貸切なので、夜通し演奏されても大丈夫!

Img_2139

Img_2142

Img_2143

-
-
-
-

Stars

←ちなみにその日の夜空
-
-

25日の夜は、六甲山小学校の6年生の担任、中谷先生が観望会を催して下さいました。夕暮れの六甲山、記念碑台に集まった六甲山小の子供達。天体望遠鏡も月に向けてセットして、星座のプリントアウトもご用意下さっていました。ちょうど火星が接近してよく見えるし、4惑星が同時に見られる貴重な機会! 残念ながら雲が出てしまったけれど、スライドショーや先生の説明が面白く、子供達ワクワクして楽しんでいました。中谷先生ありがとうございました!

Img_2155Img_2157Img_2158Img_2160

-

 

| | Comments (0)

六甲山鉛筆

7月13日

24091007cba2c149a441888c90a97f1d

友人のシェアウッズの山崎さん、ずっと六甲山の森とかかわる活動をされています。
六甲山の森を育てる、裏六甲の間伐材で作られた『六甲山鉛筆』
決めた! これから鉛筆を買うときは六甲山鉛筆!

| | Comments (0)

散歩がてら、、、

7月11日

Img_1978

散歩がてら、気になっていた、山上の崩落箇所を見に行ってみた。
これはゴルフ場とスカイヴィラの間の、谷の上の方。
道路(コンクリート)の下からえぐれるように崩れています。が、水はどこから出たのか全く分からない。道路は東西にフラット(斜面を水が流れ落ちて来たわけではない)排水のパイプが近くにあるわけでもない。

Img_1979Img_1984_2記念碑台近くの南斜面で崩れたところがあると聞いて、見に行って来ました。近寄るのは怖いので、腰引け気味にそろそろと。他にも見に来た方がいらっしゃって、やっぱり気になりますよね。崩れたところまで行って見上げると、建物のすぐ下から崩れたことが分かります。ガードレールがグニャグニャに曲がっていて、土砂の力の強さを物語っています。

ハザードマップで確認したところ、「土砂災害警戒区域(急傾斜地の崩壊)」となっている箇所の一つでした。
http://www.city.kobe.lg.jp/…/pr…/map/hazardMapv2/index.html…

Img_1986

Img_1988

Img_1989-

-
-

| | Comments (0)

豪雨 - 砂防のありがたさ

7月10日

Img_1964

雨が上がって2日、各地の被害の報道を見て、もっと出来たことはなかったか、、、と思わずにいられない。天災は防げるわけではないが、砂防や、山を健全に保つ取り組み、温暖化(台風などの大型化に影響)への取り組みなど、すぐに結果が出るわけではないが、軽視して目先の経済的利益を優先したが故の被害の拡大ということもあるように思う。山に入り込むような住宅地の開発もそのひとつではないか。
六甲山も度重なる水害、土砂災害の被害があって、砂防が発達したように、被害を最小限にするための、目に見えない地道な取り組みの必要性を感じる。台風の多い日本、ハリケーンの多いアメリカこそ温暖化防止対策に本腰を入れるべき。また手入れのされていない山を放っておくのではなく、雨、台風の時に倒木が山を崩さないように、樹木の健全な密度と、針葉樹(根が浅い)の高木を減らす、舗装した道路を付けた山ならば雨水の排水経路、等々、災害を起こさないための努力が必要だと思う。

UryouUryou0708

今回の雨量は、尋常ではない量だった。六甲山上では4日間の累積で918mmを記録。六甲山の年間降水料が約2000mmだから、ほぼ半年分の雨量が4日間で。(左のグラフは、記念碑台の自然保護センターでの雨量 by国土交通省)5年前の土砂災害が起きたときは660mmだったこと、今回はその1.5倍だったことを思うと、生活道路が崩落して大変な方もいらっしゃるけれど、下山出来るルートがある(裏六甲+トンネルで下山可能)だけでも、恩の字である。

Dsc_0035Img_1935Img_1937

-
-
-
-
5日の時点で既にあちこちで土砂崩れが起きていたが、降り止まない雨に、念のため、7日は地域の避難所(六甲山小学校の体育館)で一泊した。海外から来て滞在しているゲストの家族も一緒に。ありがたいことに、ウチ周辺では被害は無かった。
今回、特に感じたのは近隣の助け合いのありがたさ。皆最初は、大雨か、くらいの認識だったのでは? 家の食糧のストックなども特に多いわけではなく、せいぜい3、4日分程度しかなく、道が封鎖され、リュックを担いで徒歩で買い出しかと腹をくくった。すると、ご近所さんたち、特に飲食業の方々が、在庫している食糧を分けると声をかけて下さった。カフェのオーナー山内さんに牛乳の在庫を聞くと十数本あるとのことで、早速3本買わせて頂いた。
感激したのは、六甲山上住民が孤立した(アクセスルートが無い)ことで、小学校の避難所に救護所が設置されていたこと。土砂崩れの横をすり抜けて、豪雨の中、来て下さった医療チームの皆様、神戸市職員の方、消防隊員の方々、3日間泊まりっぱなしだった先生方、厚く感謝申し上げます。災害時、ご家族のこともご心配でしょうに、皆様のプロフェッショナルとしての姿勢に感激するとともに、有り難いやら、申し訳ないやら、、、皆様ありがとうございました。

Dosha

Dosha2

Dosha3

豪雨の後、表六甲を調べに。左はドローンで上空から撮影。上の方から崩れた土砂が道と道との間の山林を突っ切って下の道に土砂が流れているのが分かります。いっぱいになった砂防ダム、ネットで食い止められている土砂や倒木を見て、砂防のありがたさ、実感します。

| | Comments (0)

災害レベルの豪雨

7月7日

過去の災害の度に、砂防技術の進歩工夫を重ね、私たちの生活は守られるようになり、安心して暮らすことができるわけですが、、、その半面「災害レベルの豪雨」と言われても、なかなか危機感を持てないのでは。
気象庁HPの特別警報(紫色)初めて見ました。
山上の雨量は既に累積800mmを越え、7日(土)は終日雨が降り続く予報。友人の気象予報士くんの予想通り1000mmになる可能性あり。1000mm、つまり半年分の雨量が3、4日間で降るという異常事態(六甲山の年間降水量は2000mm、ちなみに神戸市は1200mm)。既にあちこち土砂崩れ、崩落、陥没がある六甲山、、、雨風が弱まる気配無し。今から非常事態の準備(遅過ぎる?)と、「おにぎり」作っておこう。

99

Uryou

Doshamesh_201807070350

-
-
-
-
-

| | Comments (0)

台風、大雨

7月5日

Img_1915

台風7号に伴い、今朝から大雨(土砂災害)、洪水警報の出ている神戸市。
子供が風邪をひいたので、小児科に行かねばならず、雨が叩き付ける中、表六甲を下山。道は渓流のように、水が猛スピードで流れて行く。ケーブル下駅近くの細い滝川は、いつもの涼しげな様子から一変し、茶色い濁流が渦巻いていた。 帰宅する頃には、表六甲は2カ所土砂崩れがあり、住民は自己責任で通行可能とのことで、崩れたところをすり抜けて帰宅。丁字が辻に着くまで心配で!梅雨から台風だなんて勘弁してほしい!

| | Comments (0)

六甲山小学校で英語絵本の読み聞かせ

7月4日

Img_1907

Img_1908

六甲山小学校で英語絵本の読み聞かせをして来ました。2年生の国語の教科書に「スイミー」が入っているので、「スイミー」と「どうするジョージ!」を日英で。子供達は授業でスイミーをしたところなので、最初に子供達が日本語で読んで、それを英語で追いかける。言語は違うけど、ストーリー、伝えたいことは同じ、他の言語使えたら楽しそう、ということが伝わったのなら嬉しいな。「どうするジョージ!」はオープンエンドのお話。子供達に、最後はどうなったと思う?と考えてもらいました。短い時間だったけど、楽しんでもらえたようで、こちらも楽しませてもらいました!
ところで、スイミーの作者レオ・レオーニ氏の絵本原画展『みんなのレオ・レオーニ展』が8月11日〜9月24日@伊丹市立美術館にて開催されます。行きたい!
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/16778

| | Comments (0)

紫陽花と、、、カブトムシ、アマガエル、、、

7月1日

Img_1842Img_1843Img_1846_2Img_1883Img_1881Img_1876-

-
-
-
-
-
-
-
紫陽花が六甲山を彩る季節。秋まで咲き続けます。
さて、、、庭で発見されたカブトムシ!実は六甲山にはカブトムシが少ない。ムシの専門家によると、カブトムシはマサ土が好きじゃないのだそうで。六甲山は「ミヤマクワガタ」くらいかな、と言われていました。毎年、虫取りに行っては、カブトムシを庭に放し続けているので、多分その子孫。庭の栗の木の周りに作ったカブトムシケージ、壊れてしまったので、作り直さなきゃ! 次男くんの夏休みのプロジェクト決定。アマガエルを見つけて、それも飼育ケースへ。。。エサどうするの???

| | Comments (0)

教育新聞の記事

6月29日

こういう実験、実践、六甲山小でしてほしい!!
教育新聞の記事:

授業は昼過ぎまでの「小さな学校」 教育の将来像示す

経産省の有識者会議「『未来の教室』とEdTech研究会」は6月25日、第1次提言を公表した。超高齢社会への対応が迫られるなど、課題先進国の日本にとって、創造的な課題発見・解決力の育成が求められるとし、個別学習の推進や「先生」の役割の多様化、「小さな学校」の実現など、EdTedhによって実現する教育の将来像を示した。同省では7月から実証事業を始動し、EdTechを活用した学習プログラムの開発や普及に向けた環境整備の在り方を検討する。

有識者会議では、中高生や大学生、学校関係者、教育産業関係者らを交えたワークショップを複数回実施。その議論を第1次提言提言としてまとめた。

同提言では、創造的な課題発見・解決力の育成が求められるこれからの日本の教育では、EdTechによる多様な教室空間、「先生」、学習内容、ツールが、学びの生産生の向上をもたらすと予想した。教科学習は個別最適化が進み、学習者が自身のニーズに合わせてプログラムや教員を選べるようになり、STEAM教育などの文理融合型の探究プロジェクトによって、課題発見・解決力を身に付けるようになり、従来の学年や単位、卒業などの概念は薄れると指摘した。

「先生」の役割も変化し、知識を教えるだけでなく、一人一人の生徒の学習ログを踏まえて個別対応したり、生徒の探究活動に「思考の補助線」を入れたりするなど、多様な「先生」の在り方を可能にすべきだとした。

授業は昼過ぎに終わり、午後は地域や企業の課題を生徒と大人が一緒に探究する「小さな学校」になるとした。

| | Comments (0)

読書「ぼくとベルさん」 と、ある日の夕暮れ

6月13日

友人から聞いて買った本「ぼくとベルさん」、今年の高学年向け課題図書でもあります。所々泣き泣き一気に読み終わり(相も変わらず涙腺もろすぎる)、読後の爽快感も良く、私もがんばろう、と思える良書(子供向けだから、超速で読めます)。 早速、次は長男へ。1日で読み終わり、ディスレクシアのこともディスレクシアの人のつらさもよく分かる、他にも色んなことが分かって面白い、僕の好きな算数や力学のことが出てくるし、しかも課題図書、と一石四鳥だって。良かった、良かった。

Bokutobellsan_2Img_1669_2

-
-
-
-
-
-
-

Img_1743

Img_1742

これはある日の夕暮れ。雲の隙間から差し込む夕日が、大阪湾の対岸を染めて、不思議な光景を作り出していました。写真を撮った直後には消えてしまった、一瞬だけのアート。見つけてくれたのは次男くん。

| | Comments (0)

Japan Brickfest 2018!

6月10日

Japan Brickfest 2018
@カナディアンアカデミィ(神戸・六甲アイランド)
今年も、2つの体育館+シアター+オープンスペース(飲食、パフォーマンス)を使って繰り広げられたレゴファンには熱狂の2日間!このために来日した海外からのビルダー、ビジターさんも多数!見応えありました!有名ビルダーさんと写真を一緒に撮れるのもお楽しみ!毎年お願いしている秋長さちこさん♡(中段左)今年も写真を撮れて嬉しい。仮面ライダー風?の彼(中段真ん中)は、実は阪大レゴ部、大学院でプラズマを研究しているというスポーツマンのかっこいいお兄さん。子供達も大興奮しつつ、ちゃんとお手伝いも。パパが、アメリカ、イギリスのレゴ専門誌と、プリントしたレゴ、レゴのカスタム印刷のブースを毎年出しているので、お仕事でもあるのです。いや、ほぼ趣味。
来年もお楽しみに!

Img_1699Img_1706Img_1708

-
-
-
-
Img_1704Img_1701Img_1696
-
-
-
-
-
-
-
Img_1688Img_1693

| | Comments (0)

六甲山小学校の初夏

6月5日

Img_1657_4

Img_1653_35日は、六甲山上の穂高湖にて「カヌー体験とザリガニ取り」!聞いただけでも楽しそうでワクワクします。長男含め6年生がザリガニ取りの準備に、釣り竿にする棒やエサを人数分集めたり、一生懸命がんばっていました。自分達の釣りもそっちのけで、低学年のお世話をしたようです。皆ザリガニをお家に持ち帰りました。

↑のキャベツは、、、3年生のアオムシ/モンシロチョウの観察用に、なんと無農薬キャベツを5鉢貰って来て校庭で育てているのです(キャベツをじゃなくて、アオムシを育てている 笑)。しかし、急がないと、キャベツ食べ尽くされちゃいそう。

Img_1662_3

学校のエントランスに、小笠原教頭先生が毎月貼って下さる詩をとても楽しみにしています。こんな素敵なことをして下さる先生、ホントに貴重! ありがたいです!子供達ー、立ち止まって、読んでよ〜! こういうこと、なかなか無いことなのよ〜!と母は思うけど、子供達は気付いているのかな?

Img_1660_2

Img_1661_2

詩の横には、季節のこと、漢字や言葉なども。手書きの文字がまた素敵なのです。

ところで、この四字熟語、なかなか手強い。漢字好きだけど、これ大人でも難しいと思う。教頭先生、親へのチャレンジ?

雨過天晴:悪かった状況、状態が良い方向に向かうたとえ

雨奇晴好:晴れても雨でも(→人生の起伏 )それぞれに良い景色で趣があること

黒風白雨:暴風雨

十風五雨:十日ごとに風が吹き、五日ごとに雨が降る、農耕に適した天候→世の中が平和で穏やかだ

朝雲暮雨:男女が深く愛し合っていることのたとえ

和風細雨:穏やかに吹く風と静かにそぼ降る雨→人の過ちや欠点を改めるのに柔和な態度方法でのぞむこと

| | Comments (0)

キジのママと雛たち

6月3日

Img_1626

Img_1631

Img_1637

-
-
-
-
家への通路に、キジの家族がいて、雛たちはまだ生まれたばかりの小さい子達! 驚かせたくないけど、そこを通らないと家に帰れない、、、そろりそろり歩き出すと、慌てたキジのママが叫び出し、左手の土手に飛び乗った。「こどもたち、急いで!人間よ!危ない!」 
雛たちはポカーン、、、「ぼくたち、生まれたばかりで何にも分かんなーい」「第一飛べないし〜」 
ママははっと気付いて、土手から飛び降りると、私を威嚇しつつ、今度は右手の階段の下に飛び降り「ケッケッケッ!付いていらっしゃい! 」 
やっぱり雛たちはポカーンと動かず。
平地をようやくピョコピョコ歩けるようになった小さい小さい雛だもの。
パニックになって右往左往するキジのママ、、、
キジママ、気持ちはよく分かる、大丈夫だから、落ち着いて!
急いで通り過ぎて家に、、、写真1枚だけ撮らせてね。パシャ!

| | Comments (0)

GW後半

5月4日

Img_1400_3

Img_1401

Img_1402

-
-
-
-
ゴールデンウィーク後半。コテージに来て下さったリピーターのお客様、囲碁がお好きと今回初めて分かり、、、碁盤を持っておいで、打とう、と言われて、長男くん、早速一局。次男くんは、庭でゲストの末っ子くんと、かくれんぼ?忍者ごっこ?

| | Comments (0)

GWの中日、学校で

5月1日

Img_1390

Img_1392

学校に迎えに行くと、「遅帰り」(高学年のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に下校するので、1時間遊んで待つ)の子達が、運動場で一輪車を練習中。ウチの次男くんは、体育館でシュートの練習を。担任の先生がバスケットボールがお上手で、時々体育館をのぞいて、パスをしてくれたり、一緒にシュートしてくれたり。嬉しいね。
そうしていると、運動場から2人やってきて、遊び始めると、先生も3人やってきて、柔らかいボールを使った「おにごっこ」をして遊んでくれました。先生方、お忙しいのに、、、ありがとうございます♡ 子供達とっても嬉しそうでした。

| | Comments (0)

GW!

4月30日

Img_1281_2Img_1298Img_1303

-
-
-
-
4月は飛ぶように過ぎ去り、、、もうゴールデンウィーク。
例年なら、桜は4月末なのに、今年は10日も早くてびっくり! 急に暖かくなって、ものすごい勢いで伸びる草木や花、、、

Img_1368Img_1372

次男くんのリクエストで筍ご飯を炊いたので、外に山椒を探しに。庭のあちこちに自生しているのです。イヌザンショウじゃないよね、と棘の位置を確認し、、、新芽を摘んで、ちょっと葉を噛んでみる。香り高い、ちょっと柑橘系のような、山椒の風味が口と鼻いっぱいに広がります(笑) ウーン、春の香り!
今年は「山椒みそ」を作ってみようかな?

| | Comments (0)

春、新しいスタート、新しい先生方

4月9日

Img_1213

小学校の着任式、始業式。
とうとう、長男は6年生、次男3年生。
みんなドキドキしながら、担任の先生の発表を待つ。。。
理科とフィールドワークがお得意な中谷先生が6年生の担任になって、喜びのガッツポーズ! よかったね! 3年生も、元気で朗らか楽しい泉野先生で嬉しそう。よかった、よかった!
新しくいらっしゃった教頭先生始め他の先生方、溌剌として、あたたかい笑顔の素敵な先生ばかり! 大規模校から来られた先生が多く、皆さん笑顔で「一人一人の顔がしっかり見られて嬉しい、早く皆と仲良くなりたい、お名前教えてね」とご挨拶されて、子供達の心を(親の心も)しっかり掴んでいらっしゃいました。素敵な先生が来て下さって本当に嬉しいです。昨年は大変だったけれど、六甲山小に新しいさわやかな風が吹き込んで、六甲山小の良さを取り戻すことが出来そう。新年度に期待ふくらみます!
桜は4月末頃だけど、山にも春が。レンギョウ、スイセン、フキノトウ。
まだ雪が降ったりしながらも、季節は春へ。

Img_1161

Img_1160

Img_1159

| | Comments (0)

小学校の離任式

4月6日

Img_1182

Img_1167嵐のような荒天の中、六甲山小学校の離任式がありました。春は新しいスタートの季節でもあり、また旅立ち、お別れの季節でもあります。お世話になった先生との別れを惜しんで、児童、卒業生、保護者、以前の先生方が集まりました。
次男が1年生でお世話になった廣田先生、次は御影北小学校へ。先生のご挨拶で「六甲山小で宝物を3つ見つけました...」と言われましたが、本当に、先生との時間は宝物でした。「仕事」の領域を遥かに越えて、子供達の将来の姿も見つめながら接して下さった先生。その暖かい眼差しや、心からの関心、信頼を、子供達みんな安心してしっかりと受け取っていました。学校の、社会の宝のような先生に1年生で出会えた子供達、なんと幸運だったことか。感謝の想いでいっぱいです。
次男くんの大好きな先生。メッセージを書くのに、「大好き」の「大」をいくつ書いても想いを書ききれなくて、カードいっぱいに「大大大大大.....」と大の字が並びました。
寂しいですが、次の小学校で、またたくさんの子供達の人生を大きく変えて行かれるに違いない大きな愛と力のある先生。。。
またお会い出来る日を楽しみに。

| | Comments (0)

キツネ!

4月4日

Img_1155

Img_1158

写真では遠過ぎて見えないかもしれないけど、、、キツネ! 
ダンナをケーブル駅まで送った帰り道、ゴルフ場の坂道を下りにかかると、、、あれ? ウチの犬のハナちゃん(芝ミックス)が、道の真ん中でこっちをじーっと見ている。確か、ハナの足を拭いて家に入れて来たはずなのに、何で外にいるの? と思ったら、、、くるりと反対向きに駆け出した後ろ姿のシッポが太い、長い、先が白い!キツネだ! 朝7時半は、キツネにしては遅過ぎる、、、お寝坊なキツネ、または働き者の残業キツネ? そろそろと車を進めると、フェンスを飛び越えゴルフ場の中へ駆けて行った。モグラ退治を手伝ってくれるなら、キツネはゴルフ場には助かる存在かも。
かわいかった。

| | Comments (0)

六甲山小の卒業式

3月23日

Img_1030_2

Img_1034_2

22日(木)は六甲山小学校の卒業式。本当に色々あって大変な年だったけど、六甲山らしい、六甲山の良さがいっぱい詰まった、心温まる卒業式でした。
卒業生8名、それぞれが自分の夢や目標を語り、在校生と卒業生が、あんなこと、こんなこと、色んな思い出を言い、全校生で歌う合唱曲、卒業生は自分達で歌を選び練習して4曲ほど歌います。どれも、卒業や旅立ちを思わせる歌で、聴くと泣いてしまいます。毎年、在校生の親も多数出席して、卒業生の親でなくとも皆泣いてしまう卒業式なのです。最後は5年生の歌う「You Raise Me Up」で拍手の中、退場。その歌(英語の歌詞)も、5年生がいくつかの候補の中から皆で選び、家でも歌って練習していました。
卒業生退場、の声がかかると、6年生が「ちょっと待って下さい!」と、担任の廣田先生に、色紙と花束を贈りました。なんと一人書き忘れていて、皆の前で慌てて書いていたのも微笑ましくて、、、一人一人が思い出を語ったときに、6年生の1年間、暗唱(先生からの愛ある宿題)をしていた中の、自分の好きな文を披露してくれた子が2人もいました。古文です。
後々につながる学びの種を、さりげなく蒔いて育ててくれる、子供達の意識を高めてくれる、そんな素敵な素敵な先生に出会えた卒業生は本当にラッキー。
ご卒業おめでとうございます!

| | Comments (0)

インラインスケート

3月21日

Img_1024

Img_1009

六甲アイランドにある「gスケートパーク」で、タイムを競うスラロームの大会があり、飛び入りで参加させてもらったら、、、なんと優勝! ゴールドメダルもらって、安床エイト先生(世界チャンピオン!)とパチリ! 嬉しくて、ますますスケート熱が高まりそう! 兄弟二人、ハーフパイプの練習が楽しくて、、、(ハハはハラハラ、怖い怖い!)

| | Comments (0)

小学校で英語絵本の読み聞かせ

3月15日

Img_0999

Img_1002

もうすぐ3学期も終わり。次男の先生は、本当にステキな、色々と楽しい工夫を凝らして下さる先生で、お陰で2年生は進度が速く、時間に余裕があるので、英語絵本の読み聞かせをもう一度させてもらうことに。クラスの帰国ママと二人で「かいじゅうたちのいるところ」を日本語、英語で、読み聞かせをしました。教室に行くと、黒板いっぱいに歓迎のメッセージ!感激!
読み終わると、全員我先に!と手を挙げて感想を言ってくれました。それから、子供達は思い思いの怪獣たちの絵を描き、感想文も書きました。子供達、皆とっても楽しんでくれたようで、こちらも嬉しくて。学年が上がると、授業が忙しくてなかなかチャンスが無いけれど、時間に余裕があるなら、ぜひまたしたいなぁー。

| | Comments (0)

寒波、、、

2月6日

小学校の運動場と、外の手洗い周辺(一面厚い氷でスケートリンクのよう)、帰り道の雪だまり。登下校はスキーウェアとスノーブーツ。長男くんは、街に下りる用事のある日は、スノーブーツでは歩きづらいし恥ずかしい、と渋い顔。

Img_0733

Img_0739

Img_0767

-
-
-
-
今年の寒波は厳しい! 今朝もマイナス9度で、寒波の間は明け方に洗濯する日々(洗濯機にお湯を回しているので、給湯機の凍結防止のために)。ご近所さんは、毎晩、2、3時間毎に目覚ましで起きて給湯機を動かしているとのこと。薪とカイロを消費しながら寒波が緩むのを待つ。。。

Img_0770

Img_0772

寒い中でも、子供は元気!ウチの裏のつららが、子供の背丈より長くなり、アートに変身したかと思えば、ライトセーバーとなり、変幻自在(笑)最後は投げて氷のかけらに、、、気温が低いので融けずにそのままキラキラ光っています。

| | Comments (0)

今年は雪が多い

1月23日

今年は雪が多い。月曜日も急に降り出し、6、7センチ積雪。下山していた長男くんは、ダンナと合流して、ケーブル駅から、ヘッドランプを着けて、なんちゃって雪山ナイトハイクで帰宅。

Img_0664

Img_0665

Img_0667-
-
-
-
-
-
-
Img_0680
学校の帰り道、雪に落書き
こういう日は、登下校はスキーウェア。
休み時間、放課後に、運動場で雪遊びするから、スキー用手袋で。
長男は雪合戦をするから、とゴーグルも。もうフル装備。学校のルールで雪合戦をするときはゴーグルすること、となっていて、学校の校庭にゴーグルが置いてある。。。
寝る時間よー!と声をかけても、作図がとまらない、、、
ダンナが中学生の時から大事に持っている幾何アートの本。
図形好きは遺伝だったか、、、

Img_0681

Img_0682

Img_0683

-

| | Comments (0)

まだ冬休み

1月10日

六甲山小学校はまだ冬休み。
雪がしんしんと。これは積もりそうな雪。いつもなら雪が積もり出すと外に飛び出して行く子供達だけど、今、生まれて初めてインフルエンザを経験中。今週は、他の学校が始まって、がら空きのゲレンデにスキーに行くつもりで、楽しみにしていた子供達の落胆たるや、、、
日数的には、16日の始業式には登校できる予定。親は気合いと麻黄湯でなんとか防ぎたいところ。

Img_0572

Img_0573

Img_0576

| | Comments (0)

2018年元旦

1月1日

Img_0524

Img_0528

新年明けましておめでとうございます。
日の出は午前7時頃、ちょうど雲に隠れて、15分ほどじらされましたが、穏やかな元旦の初日の出を見ることができました。
概ね健康であることへの感謝(あちこちガタは来ていますが〜)、家族が元気であることへの感謝を忘れずに、今年も頑張りたいと思います。
皆様にとって、素晴らしい年になりますように!

| | Comments (0)

年の瀬

12月30日

もう今年もあと2日。

Img_0487

Img_0492

Img_0493

-
-
-
-
-
-
-
あっという間に次男くんのお誕生日(リクエストによりロールケーキを作ったけど、巻くのが難しい!うまく「の」の字にならない!)、クリスマスが過ぎて、、、

Img_0496

Img_0501

Img_0503

-
-
-
-
25日は終業式の後で、次男くんのクラスメートが集まって、お誕生日を祝ってくれました。持って来て下さったフルーツがクリスマスカラーでいい感じ!かわいいバースデーケーキになりました。越境して来ているお友達が多く、普段なかなか一緒に遊べない六甲山小学校。こうして集まる機会は本当に楽しみ。

Img_0511Img_0510

冬休みに入り、お友達と4年ぶりの再会。1年生の時に引っ越してしまったサラちゃん、東京ではインターに通っていて、大人っぽく素敵なレディーに成長していました。次に会うときは中学生かな?
子供の成長はあっという間、、、
来年、長男は6年生、小学校最後の年! 次男は3年生に。
来年の抱負など考えたいところですが、コテージの準備等々、バタバタと新年を迎えてしまいそう。皆様良いお年をお迎え下さい!

| | Comments (0)

12月前半

12月16日

Img_0391

←昨日の朝。太陽の光を見ると、元気になります! 全く師走という気がしない年の暮れ、年々スピードが加速するような気がするのは年のせい? それとも時代の流れ? 12月半ばを過ぎても、日付を記入する時に、あれ?何月だっけ?と考えてしまいます。

Img_0356Img_0354Img_0360

-
-
-
-

Img_0309

12月前半は、びっくり積雪
ダンナは仕事で遅いし、まだノーマルタイヤだし(例年12月後半にスタッドレスに交換)、帰宅するまでヒヤヒヤしました。翌日慌ててタイヤを替えて一安心。子供達も犬も雪大好き、大喜びです。

Img_0225Img_0297Img_0290

-
-
-
-
子供達が最近好きな事、お空の観察(寒い!)と、インラインスケート(痛い!) 天体はロマンですね〜。山でも周囲に外灯の無い暗い所に行かないと、それほど星が見えるわけではない(ウチのベランダからは街の明かりであんまり見えない)けど、それでも街よりはお空が広く見えるかな。学校から星座盤を頂いたので、次男くんは長男くんに教えてもらって「オリオン!」など分かりやすい星座を見て喜び、長男は月の出月の入り、南中時刻、月齢を計算して、当たった、外れた、と、それも楽しそう。

Img_0401Img_0400

小学校に、六甲山で見られる動物たちの剥製を持って、出前授業に来られていたのを、たまたま拝見し、、、「森のエビフライ」(りすが松ぼっくりをかじった食べ残し)はたくさん見るけれど、リスはなかなか見る事が無いので、嬉しくなってパチリ。学校もあと6日で冬休み。今年は本当に色々ありました。。。それでも子供達が元気に学校に行けて、色々あっても笑顔を見られて、頑張って下さっている先生方に感謝。ご協力ご尽力下さっている保護者の皆さん(六甲山はPTAに全保護者参加)にも感謝。

| | Comments (0)

明日から12月! TVのインタビューを受けて思うこと

11月30日

Img_0124

明日から12月!師走ですよ、師走!の前に、、、ホリデーシーズン、と言えば、クリスマスツリー。急に寒くなって気温が零下になった時に、子供達にせがまれて既に登場。ツリー、薪ストーブ、、、もう気分は一気に真冬のホリデームード。
-

Img_0123Img_0141Img_0155

-
-
-
-
寒くなると、インドアが多くなり、ボードゲームがしたくなる季節でもあります。チェス、モノポリー、カルタ、トランプ、、、大人はホットワインやラム入りの紅茶、子供達は甘いホットミルクやココアを手に。

Img_0177Img_0183Img_0186

-
-
-
-
さて、神戸市に移住する人を増やそうという神戸市の活動の一環で受けたインタビューが先日朝日放送の「キャスト」でオンエアされました。その時にキャスターの方が、『移住のためにはまず仕事ですよね。海と山があるのはアメリカのシアトルと似ているけど、シアトルにはボーイング社やIT産業、某コーヒーチェーンがある。神戸にそういう仕事を作れば、呼ぶ努力をしなくても、移住したい人が集まって来る。神戸市はそちらの方に努力すべきじゃないか。』ーーまったくその通り。世界一高いクリスマスツリーよりも、まず仕事を作ること。そして安心して仕事ができるように保育と教育の充実が神戸市の急務だと思います。市長のマニフェストによれば『教育日本一の街を目指す神戸』ですから!
急速に変化する社会、世界を見て、若い世代(子供を持つ親)の最大の関心事は教育ではないのかな。。。これまでと同じ旧世代の価値観、教育ではなく、次世代を担う子供達は、国境も民族も宗教も越えて、多様な人々とつながり、平和な社会、世界を構築して行くという役目を担わなくてはならない。それなのに、考えさせない(言う通りにすればよい指示待ちをよしとする )教育、多様性を排除する(排他的な)教育では、その役目を果たせる次世代を育てることが出来るのか、、、
神戸市は、教育に関する費用対効果を見直して、現場(教員と実際の教育活動)への費用を潤沢にして、実際に動いている教育の質を高めてほしい。文科省も認めたICT活用のメリットを、使えるところは積極的に使うことで、教員が柔軟に多様な子供達の個性や可能性を伸ばせるように教員の時間や労力を振り向けることができるでしょう。そして良い教員がもっと評価を受けられるように、教員が移動してもトラックできるパフォーマンスのデータベースを共有すべき。
神戸には魅力的な仕事もあるし、先進の教育を積極的にやっている、となれば、もともと住環境は良いのだから、移住希望者が殺到すると思うんだけどなァ!
大好きな神戸の街、がんばってほしい!

| | Comments (0)

冬の始まり

11月19日

Img_9999Img_0002Img_0003-
-
-
-
学校からの帰り道、枝を拾ってチャンバラごっこ、いや失礼、ジェダイごっこ? 
ものすごい急な坂道を子供達は駆け下りるけど、ハハは転ぶのが怖いので歩きますよ!
Img_0121Img_0119
寒気が入った日曜日、今朝の気温は1℃。もしかして早い初雪?と思ったけど、よく晴れて雪の気配は無さそう。冷え込んだ今朝、注文してあった足下ヒーターが届き、長男くん大喜び。早速お勉強スペースのデスクの下に設置。弱冠11才から「昭和なデザインだね」と言われて苦笑。確かに「あんか」、「掘りごたつ」系の、昭和の雰囲気。良い加減の温もり具合らしく、良かった良かった。
予定の無い晴天の日曜日、家の中と庭を行ったり来たりして遊ぶ子供達。静かだな(=アヤシイ)と思って外を見に行くと、自発的に落ち葉が詰まった溝掃除をしていた。あらら、疑ってごめん!
働いた子供達に、ミートソースとチーズで熱々パニーニを作り、ハハはそれをつまみに赤ワイン、、、 冬はささやかな幸せがたくさんあって、大好きな季節!

| | Comments (0)

グランマ・グランパ

11月6日

Img_9706

Img_6989

3週間弱滞在したグランマ・グランパ、毎年恒例の神戸への旅、今回は台風21号も経験して、なかなか強烈な記憶に残る訪問になったかも。
子供達とたくさん話し、遊び、、、あっという間の18日間。小学校への送り迎えを一緒に歩いたり、小学校の音楽会も。子供達は会話はできるけれど、どうしても日本語の語彙の方が豊富、英語の語彙が少ない。つまり、自分の興味を持っている事や、していることの説明をしたくても、内容により、例えば、長男の好きな幾何や和算の話をしようとしても、なかなか難しい。今回は数学の好きなグランパに、長男の持っている和算の本の英語版を先に送っておいたので、グランパはそれを興味深く読み、今こういうことに興味を持っているんだな、と分かった上で、2人で本を見ながら話したりしていました。単語や言い方が分からず詰まれば、親が助け舟を出し、、、話したいことがあれば、語学は出来るようになる、と子供達を見ながら改めて思います。

| | Comments (0)

台風21号

10月23日

22日の台風21号、今回は風が強く倒木が多かった! 夜9時頃一度停電。通常、倒木などで電線が断線すると、リルートして、2、3分待てば電気が点く。しかしあちこちで断線したら、リルートしようが無くなり、関電の復旧工事待ちになる。夜中に再度停電し、台風が家を揺らす物音に心配しながらも、トーチライトの電池がもったいないから寝てしまった。
今朝、外が明るくなるのを待って、ダンナはチェーンソーを持って周囲の確認に。道を塞ぐ倒木があると、チェーンソーで切ってどかして進む。
小学校まで行くと、小学校の裏手に、大きな杉が倒れかかり、電線が何本も切れて垂れ下がっていた。ここまで大きい木になるとダンナでは危険で切るわけにはいかない。幸い?車は下をくぐって通ることが出来る(自己責任で、、、汗)。
小学校は避難場所に指定されているので、前日から教頭先生が泊まっていらっしゃったと聞き、子供達とおにぎりを持って小学校へ行くと、ちょうど関電の方が断線箇所を探していらっしゃって、状況を見て、これはちょっと時間がかかるかも、とのことだった。
ありがたい事に、ウチはお昼前には電気が復旧し(関電さんありがとうございます!)電気があることの有り難さ!  さすがに半日停電すると冷凍庫の中身が半解凍になってしまった。冷凍庫のストックが少ない時でよかったが、たくさん冷凍しておられる方は大変。
六甲ケーブルは午後から運転再開したので、明日24日は、小学校は電気が無くても授業をする予定とのこと。早く復旧しますように。

Img_7007

Img_9674Img_9675-

| | Comments (0)

ハンモックチェア

10月12日

リビングの天井の梁から、つり輪、ハシゴ、ブランコなどなどを吊って、その時々の気分や子供のリクエストで取り替えています。久しぶりにハンモックチェアを出し、子供達が通る度に吸い寄せられるようにそこに行くのが、かわいいやらおかしいやら。

Img_9555

Img_9552

Img_9561

| | Comments (0)

りんごの季節

10月8日

Img_9524

Img_9532秋、リンゴが出始めると、子供達から「アップルパイ焼いて〜!」とリクエストが入ります。冷凍パイシート(ベラミーズのパイシートはNZのバター100%使用で美味しい!)を常備しているので、リンゴさえあれば、いつでも作れるのです。リンゴのフィリングに、このカルバドスを少量入れると本当に美味しい。岡本のワインショップRで見付けてから、大事に大事に使っていたのを、とうとう使い切ってしまい、、、新しいボトルを買って来ました。これで明日の祭日はアップルパイ!

Img_9530Img_9531

今日のコテージのお客様は、二家族でかわいい女の子が4人! 子供が来ると「ヤッター!」と喜ぶウチの子供達。到着してから夜までずっと一緒に遊び続け、皆楽しかったかな? 長男の伊作くん(5年)は一応お勉強も気になっていたらしく、遅い晩ゴハンを食べながら「僕、勉強しようと上に戻る度に、遊ぼうって呼びにくるから、今日は勉強出来なかった。。。」と悲しいお顔。そうかそうか、男はつらいよ、だね〜(笑) 明日はがんばろう!

| | Comments (0)

秋 9月

9月19日

夏休み、宿題ラストスパート、新学期! 仕事! 小学校の参観、懇談!台風!、、、何をしていたのか憶えていないけど、あっという間に9月も下旬、、、来月はアメリカのパパママが遊びに来るし、これまたあっという間に冬になってしまいそう(気が早い 笑)。
朝晩は14、15℃と、肌寒い日もあるので、フリース出しました。そろそろ、羽毛布団も出さなくちゃ。↓写真は、昨日の散歩で、3kmコースを歩いたら、帰りは夕暮れに。日が落ちるのが早くなりました。

Img_9095

Img_9100

Img_9101

| | Comments (0)

夏終盤

8月25日

Img_8717Img_8760Img_8764Img_8714Img_8739
-
-
-
-
-
-
-
-
長男くん、夏の間、コテージゲストの子供達をよくお世話したり遊んでくれて、お勉強もがんばりました。甲子園をTVで観戦し、朝ラン/ウォークに行き壁当て、、、やっぱり野球が好き、中学では野球部に入りたいな、と言う長男くんにグローブを新調、ますます朝ランに行きたくて、ハハも健康のために一緒に行けて嬉しい。ハハはキャッチボール下手だけど、犬の散歩中の素敵なご近所さんが、お時間のある時にお相手して下さいます。
Img_8734Img_8743
もう8月も終盤となれば、空気や空に秋の気配、、、風がひんやり気持ちよく、秋が待ち遠しくなってきます。
仙人草(日本在来種のクレマチス)が花盛り、どんぐりの実が少しずつ成長しています。

Img_8780

Img_8776子供達の夏休みの宿題もラストスパート。
和算を自由研究のテーマにした長男くん、「算木」の本物を見たくて、小野市の「そろばん博物館」へ行って来ました。昔の人、これで計算してた、ってすごい。

Img_8774

Img_8746

次男くんは、山で見付けたまつぼっくりや花、色んなものの中に隠れている不思議な数字、フィボナッチ数列がテーマ。毎日ハハにやいやい言われつつ、宿題とお勉強をがんばった次男くん、「まま大すき」とメッセージを書いてくれて、ハハは胸がきゅーーーっとなります。秋になったら、次男くんリクエストの博物館や動物園(夏は暑過ぎる...)に行こうね。

| | Comments (0)

ペルセウス流星群

8月13日

Img_8689

13日の午前4時頃ペルセウス流星群が極大となり、1時間に35個ほど観察出来る可能性がある、とのこと。久しぶりに夜景もクリアなので、3時半に起きて外へ。外気温18度、鳥肌になりつつ、北東の空を見つめて待つ事数分、、、1個見えました! 今宵は月が明るく、街の明かり、敷地内の外灯もあるので、星空観察には適さない環境だけど、1個だけでも見られたら満足、寒くなったので室内へ。

Img_8694

Img_8690

その後、 朝5時の空

| | Comments (0)

山の早朝活動

8月10日

Img_8670

Img_8673

山には残念ながらラジオ体操は無い(笑)子供達にラジオ体操主催してみる?と聞いたが全く乗って来ない。運動不足が気になる、、、というわけで、犬の散歩+朝ラン(気持ちだけ)+野球の練習、という一石三鳥的な早朝活動。気温は20〜22度の山の朝は運動に最適!アップダウンのある4km、40〜50分。ウォーキングにちょっとジョギング混ぜて、、、散歩だけより、体力、筋力アップには絶対いい(かすかな筋肉痛が証明 笑)、毎朝は難しいけど、週に2、3回でも出来たらいいなァー。

| | Comments (0)

読書感想文から和算

8月7日

Img_8665

夏休みと言えば、読書感想文。小5/高学年向け課題図書を長男と見てみたけど、気に入るものが無い。算数好きの長男に「円周率の謎を追う」(中学生向け)を渡してみた。面白い!と一気に読み終わり、「江戸時代の算数面白い!和算の本を買ってほしい」と言うので、数年前に買った和算の本を2冊本棚から発掘。図形がABCDじゃなくて甲乙丙丁だし、単位が尺貫法/度量衡、用語ヘンだし、図形の解き方も今と違って難しい!けど面白いらしい。
Img_8664
最近キッチンに問題を書いたホワイトボードが置いてある(「ママに問題です」 笑)これは鶴亀算でカンタンだけど、、、問題の文章が漢文でけっこうウケる。漢字便利〜と妙なところに感心したりして。
Img_8667
図形、特に円は難解(当時、円周率は3.14ではない!)。
←これはまだ普通に算数で求められるシンプルな問題だけど、難しいのは、数学でルートや2次方程式必要。こういう難しい問題を、考えるのが面白くて夢中になって解いていた江戸時代の算数愛好家の武士や商人たち。歴史のロマンを感じるなァ。
「算額のある神社に見に行きたい」(算額は、算数の問題を絵馬に書いて寺社に掲げ、つまり世間にこの問題を解いてみよ!という挑戦状のような役割?)と言うので、調べてみると、兵庫にも何カ所かあるけど、京都の方が多い。秋になったら、寺社巡りもいいかも。ハハの目当ては、もちろん京都の美味しいお茶菓子!

| | Comments (0)

台風前セーフ!

8月5日

台風が蛇行したお陰で? 5家族:大人9名、子供11名、コテージ2棟貸切(大きい子供達数名はテント2張りに分散)で、無事BBQと涼しいお山を楽しんでもらえました。良かった! 
Img_8639Img_8641Img_8659
-

| | Comments (0)

夏休み!

8月1日

Img_8581

Img_8559

六甲山小学校は7月31日が終業式。1学期終了、よく頑張りました。帰り道に出来たカフェ「Rokko Base Cafe」に走って行く子供達、、、「ソフトクリーム1個を分けっこだよ〜!」とその背中に叫ぶ母(笑) 
さぁ、これから1ヵ月弱の忙しい夏休み、何をしようか、何が出来るか??? コテージ繁忙期の上に、本業の仕事もあれこれ忙しく、草刈り、草抜き、枝払いの時間もなかなか! とにかく元気に楽しくがんばろう〜! まず、おばあちゃんに頼まれた「小鳥の巣箱」作り。小鳥たちをカラスから守ってやりたいから、丈夫な巣箱をたくさん作ってね、という長男への注文です。夏休みにいくつ出来るかな? ↑デザインから全部自分で作った第一号の巣箱。

| | Comments (0)

本日、梅雨明け!

7月19日

Img_8443

近畿地方は本日梅雨明け! 雹、大雨、かと思えば、晴れ続きの変な梅雨でしたが、今日から正式に夏!
暑くなってくると、、、一杯目はなぜかどうしてもカンパリオレンジ+ソーダ。普段はワイン(か泡)一辺倒の私ですが、夏だけはカンパリ。夏になるとカンパリの1ℓボトル、炭酸水、美味しいオレンジジュースとレモンを冷蔵庫に常備して、夕暮れはカンパリタイム。。。つまりは、飲みながら晩ゴハン作っています。
↓お庭の紫陽花たち、、、秋まで咲き続けます。

Img_8433Img_8440Img_8391

-

-

-

3連休の間、合計大人21人、子供16人が六甲山ステイを楽しんで下さって、皆さんが笑顔で楽しかった、と言って下さると、本当に嬉しい。こちらも一緒に楽しませて頂きました。夕食のBBQの後で焚き火でマシュマロを焼いてスモアを作ったり、、、子供達が寝るのにデッキにテントを設置。子供達大興奮! 

夏はまだまだこれから!

Img_8454_2

Img_8457

Img_8459

Img_8462

| | Comments (0)

スイミー 英語の絵本(2)

7月3日

Img_8362

六甲山小学校の2年生の教室で「スイミー」の英語の絵本を子供達と読みました。1ページずつ、キレイな絵を楽しみながら、日本語で子供達みんなで読んで、それから私が英語で、という風に。英語で最初から最後まで通して読むだけでは、子供達が、分からない、つまらないと思ってしまったら、せっかくの機会が惜しい。英語の単語を知らなくても、音を聞いて、こんな意味の事なんだ、と感じてほしかったのです。最後の、皆が好きなフレーズ:「ぼくが目になろう」は、吉哉くんと声を合わせて"I'll be the eye."と言うと、皆「私も、ぼくも練習したい!」と言うので、みんなで"I'll be the eye."を何度も練習しました。
子供達からの感想/ありがとうカードがまた嬉しい♡ また日英両方で出来るものが教科書に出て来たらいいなぁ。

子供達が後々英語を勉強し始めたら、難しいと思うかもしれない。だけど、同じ日本人のよしくんママが英語を話せて、他の言語が分かるって何だか楽しそうだったな、と頭の片隅に残っていたら、きっと誰でも勉強したら出来るよね、と思って取り組めるかもしれない、そうあってほしいな、と思います。というのも、私が中学校に入って英語に抵抗なく楽しく取り組めたのも、子供の頃に、ココアとデザートに釣られて、アメリカから帰国された方のところにちょっとだけ英語を習いに行ったからかもしれないという気がするのです。日本人のご主人の英語の発音がとても滑らかで心地よく、そうか、練習したら出来るようになるんだな、と子供心に思ったような記憶があります。お勉強が好きになったり、苦手になったりするきっかけなんて、そんなものかもしれません。

| | Comments (0)

7月、山アジサイ、小学校、「スイミー」

7月2日

Img_8357Img_8347

紫陽花と山アジサイで色鮮やかになってきた六甲山。夕方、暗くなる前に、次男くんとハイキング道を走って、兵庫県知事選挙へ。外気温は21、22度だけど、今日はなんだか蒸し暑い! こういう日は氷ギンギンの、レモンをたっぷり絞った、カンパリオレンジソーダ! もうそういう季節だなァ。
Img_8354さて、今月の小学校の学校便りが素敵だったのでご紹介。ブナの植樹と苗作りで、次世代、その先を見つめる活動。素晴らしい! 
山の小学校だから出来る事、他校では出来ない活動を考えて実行して下さる先生方、ありがとうございます!

Img_8359

2年生の教科書に載っているスイミー。ウチにたまたま英語版があり、素敵な挿絵が教科書よりも多いので、次男くんが皆に見せたい、と学校に持って行きました。担任の先生が大らかでステキな先生で、皆に見せて英語で読みましょうか、という話になり、時間を取って下さって、次男くんと一緒にSwimmyを英語、日本語両方で読むことに。もうみんな空で憶えているお話だから、英語でも楽しんでくれるのじゃないかな。反応が楽しみ!

| | Comments (0)

ゲームといえば、、、

6月30日

日々バタバタと、宿題ー! お風呂ー! 歯磨きー! 寝るよー! と過ぎて行きますが、たまに、晩ゴハンを作る段取りが良かったか? ちょっと遊ぶ時間がある日もあり、、、
そういう時は、みんなで遊べるゲーム登場。
最近、アメリカの親戚から届いたGeometric Riddles(幾何の謎解き) 算数の問題に燃えるパパと長男。メビウスの輪の問題は工作して検証(笑)
「俳句かるた」は、私が子供の時から愛用していたもの。さすがに年季が入って茶色に変色したので、新調しました。何十年たっても同じ物が買えて、とっても嬉しい。絵も、文字もとっても素敵で、芭蕉、一茶、蕪村などの代表的な俳句を楽しめます。
昔ながらのアナログなゲームが一番楽しいな。

Img_8339

Img_8340

Img_8305

Img_8273

| | Comments (0)

六甲山小学校の先生の講演

6月29日

六甲山小学校の中谷先生(理科、自然、生物がお好きな、面白くて素敵な先生!)が講演されるそうで、これは行かなくちゃ! 7月14日(金)午後7時〜 場所、詳細は↓チラシをご覧下さい。
小学校にご興味ある方もぜひ!

Img_8328

Img_8329

Img_8330

| | Comments (0)

長男の「六甲山新聞」

6月28日

長男が不定期に記事を書いて発行している「六甲山新聞」、六甲山小学校のHPに取り上げて頂いていました。長男に見せると、早速、次号のネタを何にするか資料集め。したいことがいつも色々たくさんある子供達に、親も楽しませてもらっています。
http://www2.kobe-c.ed.jp/rks-es/index.php?key=jo5657bwc-153#_153

| | Comments (0)

梅雨の晴れ間

6月14日

Img_8237

5年生、待ちに待った「自然学校」に出発! 梅雨入りしたのに、この青空!そして天気予報は晴れ続き、、、皆日頃の行いが良かったに違いないね(笑) 最初に、淡路島の南にある「沼島」へ。それから兵庫県北部の山へ、海から山への大移動。生まれて初めて家から4泊5日も離れる長男くん、きっと成長して戻ってくることでしょう。おみやげ話が楽しみです。
コアジサイが咲き始めました。今日の大阪湾は晴れ渡って、湾の向こうの建物や、山のそのまた奥の山までくっきり。

Img_8238

Img_8239

Img_8240

| | Comments (0)

テントウムシお見合い中

6月9日

Img_8181

Img_8188

お散歩の度に、ナナホシテントウ探し。只今5匹、お見合い中(ちゃんと男子女子混合かな???)。アブラムシの付いた草を入れるので、逃げ出さないように、クーピーペンシルの缶で水槽にフタをして、、、さて、卵生まれるかな?

| | Comments (0)

堡塁岩で救助訓練

6月8日

校外学習から帰った次男くんをケーブル駅に迎えに行き、それから長男くんを迎えに行って一緒に帰ろうと、小学校へ向かって歩いていると、見慣れない紙が貼ってある。。。消防局の方が山岳救助訓練中とのこと。霧と雨の中の崖で訓練を!万が一に備えて訓練をされている消防の皆さん、ありがとうございます。堡塁岩は日本でも最も古くからクライミングが行われていた場所の一つ。やってみたいけど、コワイ!写真を見るだけでもブルブル、、、もしいつか挑戦するとしても、救助のお世話にならないように、慎重にしたいと思います。

Img_8164

Img_8161

Horui

| | Comments (0)

紫キャベツで実験

6月6日

紫キャベツを煮出した液が、水溶液の酸とアルカリを分類する試験液になると聞いて、早速やってみました。美味しそうな紫キャベツを食べずに実験するとは、紫キャベツにすまない、、、残りの4分の3はちゃんと食べますから!
煮出してみると、こんな青紫の液体に。
アルカリイオン飲料を買い忘れたので、今回はクエン酸とアルカリ性の洗剤で実験。左から、水に洗剤、水にクエン酸、水道水。試験液を入れた瞬間に色が鮮やかな緑と赤に変わり、子供達から「おーっ!」という声が。それだけで母は大満足。残りの試験液は、明日小学校に持って行く予定。

Img_8156

Img_8157

Img_8158

| | Comments (0)

またまた三国志

6月3日

Img_8108

三国志(北方謙三の文庫本)を少しずつ読んでいる伊作くん。マンガは吉川英治版が基になっていると聞き、大阪梅田の紀伊国屋書店で探してみた。「吉川英治」のコーナーがあり、文庫の横に大版サイズ(全10巻)が!伊作くん、最初の2、3ページを立ち読みして「ホントだ、マンガと一緒!字も大きくて読みやすいから、僕、文庫本よりこっちがいいな。」確かに文庫より読みやすい(老眼にナイス!)。文庫本の中古セットを買おうと思っていたんだけど、、、読みやすい方がいいよね。読みかけの北方謙三のはどうするの?と聞くと、それもストーリーが違って面白いから、両方(北方と吉川版)読むつもり、とのこと。マンガより小説の方が面白いと分かってくれて本当に嬉しい。ところで「英雄」と「英傑」はどう違うの?と聞かれ返答に困った。確かに、英雄、英傑、豪傑はそれぞれ違うが、定義を説明できるほど明確に理解していないと実感反省、辞書に頼る今日この頃。

| | Comments (0)

諸行無常

6月2日

Img_8097

Kamadosan

ウチのご飯は、ここ10年ほど、伊賀焼きの「かまどさん」(ご飯用土鍋)で炊いています。面倒じゃない?とよく聞かれますが、確かにタイマー炊飯は出来ないけれど、先にお米を洗って20〜30分吸水させておけば、実際の調理時間は強火で10分ほど。火をとめて20分蒸らせば、ふっくらつやつやの美味しいゴハン! その間におかずを作ります。その内蓋が! 最近学校で家庭科が始まった長男くん、お料理をお手伝いしたくて、炊きたてご飯を底から返そうとして、内蓋を割ってしまい、「ごめんなさい! ごめんなさい!」と半泣き。「形あるものはいつか壊れるから気にしなくていいよ、内蓋だけ注文できるから大丈夫。」(心の中で、買えるけど、もう割らないでねー!) 折しも、その日の長男の音読の宿題は「平家物語」。祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、、、そうです、内蓋も例外ではなく諸行無常でした!

Img_8103

さて、いつもはコテージのお花は、大好きなお花屋さん「Vestita」(阪急六甲近辺)で選ぶのだけど、買いに行ったら木曜日は定休日、、、今日のお花はお庭から。山帰来(サンキライ、またはサルトリイバラ、クリスマスリースの赤い実によく使われます)の丸いツルっとした葉と実がかわいい。それとコデマリ2種類。

Img_8106

木曜の夜は、突然の土砂降り、突風、雷、、、降り始めは雹(ひょう)混じりの雨でビックリ! 子供達は最初は「コワイ、お家大丈夫?」などと言っていたけれど、すぐに慣れて、窓に貼り付いて、稲妻ウォッチングしていました。強風で木が倒れると電線が切れて停電することがあるので、念のためにトーチライトの用意をして、、、雨で空気がキレイになって、今日の景色は久しぶりにクリア!

| | Comments (0)

囲碁大会と三国志

5月28日

Img_8075

Img_8076

囲碁大会「関西棋院杯こどもチーム対抗戦」で大阪へ。遅刻しないように早めに出たら、早く着き過ぎて、すぐ高段部の強いお兄さんと打ち始め、、、
主将、副将、三将の3人1チームで戦う団体戦、無事予選突破したけれど、準決勝で敗退。それでも皆で頑張って楽しかったらしく、よかった、よかった!

Img_8084

Img_8080その帰りに「通りかかった古本市で三国志の小説全巻セット(13冊)を見付けた。買ってもいい?」と連絡が。誕生日プレゼントのマンガ「三国志」全30巻を10日間で読んでしまい、読み返していた長男。今度は北方謙三の小説? 今のところ面白いらしい。難しい漢字が読めない、熟語の意味が分からないから、キッチンに陣取って、料理中の私に聞きながら読む。こちらも意味を説明しながら念のために国語辞典をひいたら、小学生用の国語辞典には記載が無い言葉続出!久しぶりに重たい「大辞林」を引っ張り出し、、、長男くんが13巻読破したら、心の底から尊敬します。

Img_8088

ところで、13巻を読むガッツが無い私は、この「三国志の英傑たち」(全巻セットにおまけで付いてきた)と「知識ゼロからの三国志入門」を取りあえず。

| | Comments (0)

素敵な小児科 二星こどもクリニック

5月26日

次男くん、月曜日から微熱が上がったり下がったり。治ったと思って学校行くと、また微熱。昨日も夜6時頃また熱が上がり、念のために、阪急御影で開業されたお友達ママの小児科へ。ウチの子供達、有り難い事にいつも元気で(滅多に風邪もひかない)なかなか伺えずにいましたが、再会できて嬉しい♡

お忙しいに違いないのに、変わらない優しい笑顔のステキなあゆみ先生。お医者さんに行くと聞いて緊張していた次男もほっとした表情に。高い天井と温かいインテリアのとってもステキなクリニック。診察室の壁の高いところに取り付けてある大きなカバのお顔がまた最高。「あのカバさんみたいに、大きくあーんしてね。」って言われたら、みんな上手にできちゃうね。予約も出来て(ほぼ時間通りの診察)、早朝、夜も開いていて、しかも院内処方! ホントに助かる!二星こどもクリニック http://niboshi-kodomo.info/index.html

Img_8053

Img_8054

Img_8064

Img_8066

| | Comments (0)

チョコレートムース

5月14日

Img_7995

コテージのゲストの方から、お誕生日サプライズでケーキのご依頼がありました。そういう時にはいつもガトーショコラを焼くのだけど、前回ガトーショコラをお持ちしたので、久しぶりに「ベイリース・チョコレート・ムース」を作ることに。リキュールのベイリースがたっぷり入った、口どけ濃厚なチョコムース。ベイリースとチョコってよく合うのです。 実は、危険過ぎて(?)作るのをためらうケーキ。甘いものをあんまり食べない私でも、お酒が入っていると話は別、ついつい食べてしまう魔性のケーキなのでした。
チョコムースのケーキ喜んで頂けて、楽しい時間を過ごすお手伝いが出来て嬉しい♡

| | Comments (0)

春から、気分は初夏へ

5月12日

Img_7968
街はすっかり初夏の装いだけど、山はようやく春から少〜し初夏の気配、、、道端にはまだまだタンポポの花や綿毛がそこここに。子供達は登下校、散歩の度に、綿毛を手に取って、ふーっ!と種を吹き飛ばす。この手に取らずにいられない、ふーっ!と吹かずにいられないカワイイ形状も、きっと「たんぽぽのちえ」(今、次男が国語の教科書の「たんぽぽのちえ」をしているところ)
小鳥たちのにぎやかなコーラス。子供達は「おばあちゃんに電話して何の鳥か聞こうよ!」 さすが元野鳥の会の会員だけあって、鳴き真似をすると鳥の名前を教えてくれるのです。
勢いよく成長する植物、花、、、左から、アケビの花、山ツツジ(紫のコバノミツバツツジの次は、この朱赤が咲きます)、今年もちゃんと出て来てくれた多年草や花木たち、林立するナルコユリ、ギボウシ(ホスタ)の新芽、葉っぱは右巻き。家に入ってしまうのが惜しくなる季節です。

Img_7954

Img_7956

Img_7958

Img_7959

Img_7961

-
-
-
-
-
-
-
-

Img_7939

でも雨の日や地面がドロドロの日は、、、
仕方がない、サッカーでもするか。
パパから譲ってもらった年代物のレゴ サッカーゲーム。なかなか上手く出来てる!

| | Comments (0)

誕生日プレゼント

5月9日

Img_7928

長男からの、誕生日プレゼントのリクエスト: 三国志全巻 ー 横山光輝のマンガの三国志、全60巻!? 多い、、、というわけで、文庫版(それでも全30巻)を中古で。ついでに「ゼロから分かる三国志入門」も。
ある日突然の三国志。子供が何に興味を持つか、本当に予測不可能で面白い。
担任の先生が、社会科が好きで、歴史のエピソードを話されるみたい。その影響なのかな? 何にせよ、歴史に興味を持ってくれて嬉しい。

| | Comments (0)

こどもの日

5月5日

Img_7896

こどもの日、五月晴れ! 今日はコテージのお客様で、お子様3人、お庭で遊ぶにも気持ちがよい日でよかった!
朝食後、さて、ゲスト到着まで子供達と何をしようかな、と考えていると、子供達は「お庭行くねー!」とサッサと外へ(もしや母の顔に「宿題」と書いてあったのか???)

Img_7886Img_7894Img_7892

-
-
-
-

Img_7895Img_7883

それなら、と私も新しい鎌を手に外へ。切れが悪いと手、腕、肩に負担なので、固い草用の鎌を新調。ズバッと切れるだけに注意が必要(汗)
今お庭はヤマブキの黄色の花が鮮やか! 一重、八重、斑入りとあちこちに植えています。色々な植物が勢い良く伸び始め、植えた園芸種は守ってやらないと笹や雑草に飲み込まれてしまう、、、これから5ヵ月間は雑草との戦い(笑) 最近思ったことだけど、無心に「刈る、抜く」に没頭するので、私にとって草刈り草抜きは瞑想に近い(または流行りのマインドフルネス 笑)かも。山に暮らしてハッピーなのは、もしかすると、山暮らし(作業)マインドフルネス効果?
長男は次男の様子を見に行ってくれたり、次々とウチの私道に迷い込んでくるハイカーに道を説明したり(「ママ、道の入口に、地図の看板を作って立てたら?」←いいアイディア!そのうち作ってみよう)、、、次男はじーっと虫の観察。虫を育てたいと、虫の飼い方の本を見て、飼育箱に砂や植物を入れ、見付けた虫の卵らしきものを、、、

Img_7900Img_7903

庭に飽きたら、自転車に乗りに行き(兼、犬の散歩)
夜には、子供達のリクエストで、ゲストの子供達も一緒に焚き火台でマシュマロを焼いてデザートに。
目一杯遊んで、、、明日は宿題がんばろうね(笑)

| | Comments (0)

灘校の学祭へ

5月3日

晴れて、満開の桜と、咲き始めたコバノミツバツツジ、ライムイエローの新緑、爽やかなゴールデンウィーク! 今日はコテージに2組のお客様。思いがけないお花見BBQで、びっくりされるかも(笑) コテージの準備を早朝に済ませて、伊作くんとケーブルで慌てて下山。途中、線路沿いの八重桜が満開で美しい!

Img_7826Img_7832

Img_7833

-

-

-

行き先は毎年楽しみにしている「灘校」の学祭。休日で人が多いなぁと思っていたけど、9時開場で10時頃には1万人が来場していたそう。展示内容も面白いアトラクションもあるしで、さすがの人気。

お目当ては囲碁部と野球部。囲碁部で対局できるのです! 囲碁部のある学校も少ない中、灘校の囲碁部は30名ほど。部員の中には院生(プロ予備軍)もいるし、ほぼ全員有段者、、、というわけで強い人と好きなだけ対局できる!とワクワク楽しみにしているのです。伊作が通う囲碁教室の先生がそこにも指導に行っていらっしゃいます。5段の部員さんと対局して勝って(ハンデをもらったからだけど)、賞品のシャープペンを頂いて大喜び。仲良しのお友達と野球部のストラックアウトとスピードガンへ。ママ達が順番待ちしている間にレゴ部などを見て歩き、ストラックアウトでは、お友達は見事に9枚全部当てて、伊作は9枚のうち8枚、すごい。投げるのド下手の母はただただ感心します。

Img_7837Img_7848Img_7845Img_7842

| | Comments (0)

GWの週末

4月30日

飛び石GWの週末、犬の散歩+自転車+お花見
今日は最高の天気!

Img_7799

Img_7800

Img_7803

| | Comments (0)

桜満開

4月29日

Img_7786

山上の桜も満開! 子供達、全校キャンプで疲れてるだろうと思ったら、帰宅して庭に直行。子供達の遊びのパワーに感心しつつ、私も鎌、三角鍬、レーキを手に庭へ。子供達が遊んでいる横で鎌と三角鍬を持ち替えながら草刈り、草抜き。自分の植えた植物の周りの草を取っておかないと、雑草に埋もれて、うっかり一緒に刈ったり抜いたりしてしまう(何度もやったことアリ)。2時間ほどがんばって、またしても湿布のお世話に(スズタケや笹を鎌でガシッ!ガシッ!と叩き切るのが右肩に来る)。湿布の消費量が多い今日この頃。

| | Comments (0)

小学校の全校キャンプ

4月27日

Img_4632

小学校(と幼稚園さんも)の全校キャンプは、まずケーブルで下山して、ケーブル下で集合、そこから、油コブシ登山道を上がります。それから高山植物園でお弁当を食べ、山上のYMCAへ向かい、今夜はそこで1泊。小学校のHPに楽しそうな写真がいっぱい! 
さてさて子供達のいない家、静か過ぎて、、、宿題〜!と言う必要も無い。子供たちが巣立ったら(ちゃんと巣立ってね!)毎日静かになるんだなぁ。
ふと思い出す「小言いふ相手もあらばけふの月」 (一茶) 文政6年=1824年の俳句。大事な人がいなくて寂しいと思う気持ちは、昔も今も同じですね。

| | Comments (0)

庭作業後の、、、

4月23日

快晴の日曜日、ちょっと庭作業しようと外に出ると、、、ついつい3時間。草刈り、草抜き、それを運ぶ、、、次男くんのリクエストで、お庭でランチ。気持ちいいなぁ。。。白ワインが作業後の体に染みる〜! これから雑草のスピードとの競争、毎日頑張ろう!

Img_7758

Img_7761

Img_7764

-
-
-
-

Img_7741

最近、朝食用によく作るホットビスケット。発酵なしで短時間で焼けて、サクふわモチっとした食感で美味しい。これにはバターとジャム!

| | Comments (0)

お客様

4月22日

Img_7718

庭のボードウォークにキジが。
キジ夫妻はお散歩に(お食事に 笑)いらっしゃったようです。
多分、もうしばらくすると産卵して、キジのお母さんの後ろを、6羽、7羽のヒナたちがヒョコヒョコと1列に並んで付いて行くのが見られるようになります。可愛過ぎて、、、もうキジ料理とか無理。
桜がほころび始めました。
山にも春ですね。

| | Comments (0)

4月20日

Img_7711

小鳥のコーラス、春の芽吹き、、、山にも春がやってきました。天気が良いので庭作業を。レーキと「てみ」(特大ちりとりのようなもの)を持って、半腐葉土化した分厚く積もった落ち葉をかいては運び、かいては運び、落ちた木の枝を集め、イバラがあちこちに枝を伸ばし始めているのでひっこ抜き、あれも、これも、、、ふと目を上げると、「クロモジ」の花(写真)。しゃかりきに作業していて、ほっとする瞬間です。
次男の国語の教科書に載っている詩「はながさいた」:
   はながさいた  はながさいた  はひふへほほほ
   はながさいて  みないひと いない
   はながさいた  はながさいた  ほへふひははは
   はながさいて  おこるひと いない
子供と音読していて、「おこるひと いない」にハッとさせられました。
本当だ、花が咲いたからって、怒る人いないよね。
いつも花が咲いた瞬間のように、生きられたらいいな。

| | Comments (0)

レゴの祭典

4月13日

Jpf2017

6月10日(土)、11日(日)の2日間、六甲アイランドのカネディアン・アカデミィでレゴの祭典「ジャパン・ブリックフェスト2017」が開催されます! 今回からレゴ社公認イベントとなり、 国内、海外から200名以上の有名ビルダーやレゴファンビルダーが集結し、多数の素晴らしい作品満載! 遊べるエリアやワークショップなどもあり、本当に盛りだくさん、レゴファンも、そうでない人も200%楽しめます。スケジュールを調整しても行く価値あります! 
詳細は: http://japanbrickfest.klug-jp.com/index.php

| | Comments (0)

春休み

4月3日

エイプリルフール雪、1日の朝、積雪してゴルフ場は真っ白!

Img_7585

Img_7586

Img_7587

-
-
-
-
でもやっぱり春の雪、月曜日にはほぼ消えて、ゴルフ場のグリーンキーパーさん達もほっとした表情。
庭にミニ水仙が咲き始め、春到来。とはいえ、桜は4月末、山の春はゆっくりです。

Img_7628

Img_7627_2

-
-
-
-
3月末のコテージのお客様から、お誕生日サプライズに、ガトーショコラのリクエストを頂いて、お花もお誕生日気分で選んでみました。定番ふんわり、しっとり、濃厚ガトーショコラはフルーツと生クリームを添えて。 一緒に家用のミニ(写真右)も焼くので、ガトーショコラ大好きの長男くんは大喜び。

Img_7533

Img_7516

Img_7519

| | Comments (0)

卒業式、終業式

3月24日

六甲山小学校の卒業式としては、珍しく春のような穏やかな日、6名の6年生が小学校を巣立って行きました。生徒数の多い学校と違い、山の小学校では卒業証書の授与はあっという間に終わってしまい、残りの時間は、歌(国歌、校歌以外に、卒業生3曲、在校生1曲+退場の時は5年生の歌声で送ります)やスピーチや発表や、卒業生の思い出と、これからの夢が輝くステージ。今回で退官の校長先生のスピーチは、子供達へ伝えたいことがまだまだあるんだ、という熱意に満ちたメッセージでした。卒業式で特に好きなのは、卒業生が一人ずつ発表、宣言する夢/目標。「私/僕の夢、目標は、将来□□になることです。こういう理由でそう思うようになりました。中学校に行ったら、そのためにこんなことを勉強したい、頑張りたい。」 そのまっすぐな眼差しに、もうお母さん方は全員ハンカチ、タオル、ティッシュを手に、、、 その目標に向かってがんばって!と心の中でエールを送ります。
今年の卒業生は、担任の中谷先生に、卒業式の間に皆の前でサプライズの記念品贈呈。先生もびっくり、感動していらっしゃいました。
自然が好きで理科が得意な中谷先生、最後の最後まで、自然観察、校外学習に6年の子供達と山を歩き回られたそう。先生のお陰で、卒業生の1人は理科の面白さに目覚め、科学捜査官を目指すのだとか。先生の影響は本当に大きい。それが希釈されることなくダイレクトに伝わる山の小さな小学校。最高の卒業式だと毎回思い、毎回泣いてしまいます。

Img_7478

Img_7480

Img_7489

Img_7492

-
-
-
-
翌日は終業式。これでウチの子達も4年生、1年生終業。4月から次の学年に! 子供達が元気よく庭で遊んでいる間に、母は1年を振り返り、しばし感慨に浸る午後です。

| | Comments (0)

3月半ば

3月18日

Img_7399Img_7398

暖かくなってきて、子供達も庭で遊んだり、私も庭作業を少しずつしようかな、という気になってきました。
3月は鳥の巣作りや、球根の芽や花、フキノトウ、、、春だなァと思えば、いきなり雪が降ったり。まだまだ冬と春と行ったり来たり。それでも、雪も春の雪。雪が舞っても、しっかり積もる事も無く、すぐ融けて行きます。

Img_7424

小学校からの帰り道、車で迎えに行ったら、歩きたい!というので、子供達の歩く後ろを車でノロノロと付いて帰りました。楽しそうに、しっかり手をつないで歩く兄弟。兄弟仲良くて嬉しくて、胸があったかくなります。

Img_7414

さて、子供達とホワイトデーのクッキーを焼きました。小学校のお友達にプレゼント。ねじねじ、笑った顔、怖い顔、ハート、名前の文字、何だか分からない形、キノコなどなど。焼き上がって半分は子供達のお腹に。

Img_7435

コテージの準備完了! 
春になると、大好きな阪急六甲の花屋さんVestitaさんに色んな色のラナンキュラスが並びます。ラナンキュラスのシーズンが終わるまで、出ている限り、ついついラナンキュラスを選んでしまいます。クリーム色、淡いピンク、濃いピンク、ラベンダー、元気な黄色、面白い変わり咲きの花、、、お邪魔にならないように大きすぎず、でもちょっとだけでもやっぱりお花を飾りたい。

| | Comments (0)

3月、春の日差しと雪と

3月8日

Img_7375

Img_7384

岡山から来られた、フットサルサークルの大学1回生の皆さん!笑顔も輝く前途も今朝の日差しのようにキラキラまぶしくて!!!冷え込んだ昨晩、有馬温泉に遠征後、湯冷めするんじゃないかと(老婆心)慌ててストーブの火を入れに行き、、、若い熱気と薪ストーブで暖かかったらしく、一安心♡ 帰られる時の、とっても楽しかったという一言で、心がホカホカ温かく♡
皆さんが車で帰られた後に、雪になり、あっという間に地面も道も真っ白に。無事下山されてからで良かった!

| | Comments (0)

ブランディ・チェリー

3月5日

Img_7358

冬に何度か作る「ブランディ・チェリー」 は、たっぷりブランデー、キルシュなどが入った大人のデザート。今回はうっかりお酒が入り過ぎて(笑)味見で酔っぱらったので、再度火を通してアルコールを飛ばし、、、そのまま食べても美味しいけれど、ガトーショコラに生クリームと、チェリーを添えてもとっても美味しい。コテージのお客様からガトーショコラのご依頼があったので、ケーキに添えるために多めに作りました。これを焼き込んだシンプルなバターケーキも美味しいのです。

| | Comments (0)

早春、ちょっと積雪

2月21日

Img_7288

Img_7278

暖かくて雨が降るかと思えば、マイナスに逆戻り、寒暖が乱高下する早春。ちょっと積雪の今朝も元気に登校!
吉哉くんが生まれた翌年に植えた、「Joshua」という名前のクリスマスローズ、吉哉くんの英語名と同じ名前で、どうしても植えたくて!! 毎日必ず見るところに植えた小さい苗、山の厳しい環境の中で、年々少しずつ成長し大株に育ちました。冬枯れの時期に花を咲かせて、目を楽しませてくれます。

Img_7265

Img_7273

さて、岡山からコテージに来られたゲストの皆さん、日曜の朝もちょっぴり積雪で、タイヤがスリップしないか心配したけれど、皆さん無事帰宅されて、ほっとしました。嬉しいメッセージを残して下さってありがとうございました。

| | Comments (0)

六甲山幼小の生活発表会

2月15日

Img_7250

六甲山幼稚園の生活発表会は、小学校1年生の子供達も参加して、お話の世界を広げ、劇遊びの取り組みの成果を発表します。今年は「三つのまほうのおくりもの」 子供達が長いお話のセリフを、しかも人数が少ないから、一人一人の憶える量がものすごく多いのに、しっかり演技する姿に心底感心します。自分達でお話の世界を作り上げ、セリフも話し合いながら考える幼稚園の子供達、すごいね! 子供達の成長には、いつもいっぱい感動をもらいます。

| | Comments (0)

樹氷

2月12日

Img_7231朝の光に浮かび上がる樹氷。ほんの数分だけの、自然からの贈りもの。樹氷はいつも見られるわけではなくて、湿気のある重たい雪が降って、気温が下がった日だけ。湿度が低いときはサラサラの粉雪で、木にくっつかないから樹氷にならない。

夜明けの空を見て、輝く朝日をカーッと浴びたら元気が出るから不思議。ついつい早起きをしてしまいます。

| | Comments (0)

大人の囲碁入門講座

2月11日

Img_7225

長男からずっと言われていたのです:「囲碁教室に行くと、大人も習ってるよ。だからママも習ったら囲碁出来るようになるよ!」 ママも出来ると信じてくれて嬉しいけれど、私は自信も時間も無いなァと二の足を踏んでいました。先日の囲碁大会でお話した関西棋院の方から「初めてでも大丈夫!」と『一日囲碁入門講座』を勧められ、長男にも再三背中を押され、恐る恐る申し込み。
当日は長男が付き添いで来てくれて(笑)大阪に向かう電車の中で 「ママ分からないかも〜」と言うと、「僕が後で教えてあげるから大丈夫!」と、この笑顔。ママ頑張りマース。

Img_7226

Img_7227

何となく、年配の講師の方かな、と思っていたら、その予想はいい意味で裏切られ、爽やかなスポーツマン体型の男前な先生(星川拓海プロ 4段)! お話もとっても面白く(眠くならなかった!)、3時間半があっという間の楽しいレッスンでした。
早速9路盤で伊作くんと打つと、丁寧に教えてくれて、「ママも打てるようになったね!」と喜んでくれるやさしい伊作くんに、母感激。

| | Comments (0)

寒波

2月10日

寒波で雪でも、子供達は元気、元気。
駐車場の「←」みたいな足跡はキジ。
薪ストーブを使わないと、電気や灯油では寒い。ダンナが薪を運んでくれるありがたさ。
ゴルフ場を吹き抜ける風が雪を吹きだまりを作って、ここは子供達がよく遊ぶスポット。
小学校の校庭に並ぶカワイイ雪だるまたち。
授業が終わると走り出て雪遊びをする子供達。

Img_7199

Img_7201

Img_7205

Img_7208

Img_7214

| | Comments (0)

雪しんしん

2月9日

Img_7178

Img_7182

雪のしんしんと降る朝、子供達と登校兼犬の散歩。風がない雪の日は、音が雪に吸い込まれるように、本当に静か。昔、教科書で読んだ:「太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ 二郎をねむらせ、二郎の屋根に雪ふりつむ」を思い起こさせるような静かな雪の朝。学校の玄関にいらっしゃった吉哉くんの先生に「雪がしんしんと、、、『太郎をねむらせ』ですね」と言うと、先生「三好達治さんの雪ですね!」ととっても嬉しそうなお顔。音読用に詩や漢詩まで出して下さる先生、きっと分かって下さると思っていました!そんな素敵な先生が居て下さることの嬉しさ、有り難さ、、、1年生も来月で終わり、子供達それぞれの成長を感じる朝です(親もがんばろう〜)。

| | Comments (0)

急に雪

2月6日

小学校に迎えに行き、次男含む1年生3人と「かるた」や「ウノ」をして教室で遊んでいると、雪がだんだんと激しくなり、1時間過ぎたころには地面は真っ白に。明日の朝の路面の凍結は大丈夫かな。。。夕方、表六甲の丁字が辻の手前で、立ち往生、事故で渋滞だったらしく、今週後半は雪の予報だから、上がり下りの時はよくよく気をつけよう。

Img_7164_2

Img_7165

| | Comments (0)

融け残り

2月1日

Img_7136

Img_7139

今朝はマイナス4℃、先日の雨で融け残った雪がそのまま凍り、道にはツルツルの罠があちこちに。子供達と歩いて登校中、ツルツルのところで滑って遊ぶから遅刻ギリギリセーフ!子供達は走って滑って行くけど、私は及び腰でそろそろと。子供と違って、大人は転んだら痛いんだよね、、、 
小学校に送った帰り道、犬のステラと歩いていると、向こうから歩いて来るのは、六甲山幼稚園の年少さん男子とパパ!お宅が山頂近くなので、大人の足でも1時間はかかる距離、、、しかも路肩はけっこう雪が残って凍ってる、、、4才からそうやって歩いていたら、すごいアスリートになりそう! ウチは小学校までたかだか徒歩15分なのに、親の都合で車で行くことも多いし、ちょっと反省。

| | Comments (0)

小学校のスキー教室

1月25日

Img_7121Img_7124

子供達が楽しみにしている3日間のスキー教室、暖冬だったり雨が降ったりする残念な年もあるけれど、今年は天気も雪質も最高! しかも2日目の今日は、団体が六甲山小学校の35名(1〜4年生)だけ! 冷たい風をものともせず(マイナス5℃)、子供達は元気に楽しそうに滑っていました! 
スキー場に向かう途中、高山植物園からオルゴール館に向かう道の、歩道の雪の上をスノーボードで滑り下りてくる青年が!確かにスキー場より距離が長いし、カーブしてるから楽しそう、幅の広い歩道だけど、危ないよねぇ。。。運転していたから写真とれなくて残念(笑)

| | Comments (0)

飛んだ溝蓋 ー 有り難し、ご近所さんの愛

1月24日

Img_7105_2

今朝も新雪が降り、ダンナは朝からがんばって駐車場とドライブウェイを除雪してくれました。それでもスリップに用心しいしい運転していたんだけど、、、まさかの溝蓋事件。

心の底から有り難し、ご近所さんの愛。駐車場で車をターンしていたら溝蓋が外れて雪の上を滑って行き、タイヤが溝に落ちてしまいました。にっちもさっちも。たまたま今日が小学校のスキー教室の初日、すぐにスキー場に子供達のスキーとブーツを届けねばならないという時に、、、仕方がない、スキーをかついでブーツバッグを持って雪の坂道を半泣きで駆け上がり、バスでスキー場へ行くしかないとバス停に向かう途中で、聞きつけたご近所のK師匠がレスキューに来て下さいました。まずスキー場にスキーギアを届け、ゴルフ場まで戻ると、ゴルフ場の管理人さんがグリーンキーパーさん達に「助けてやって」と声をかけて下さっていて、グリーンキーパーさんが快く「手伝うよ」と一緒に車のところに来て下さいました。経験知の豊富なお二人のお陰で、あれこれ工夫して、その場でタイヤを上げることに成功。有り難くて、有り難くて、泣けて、自分一人の無力さを改めて感じ、それからショック→安心のあまり、脱力、ヨレヨレです。

| | Comments (0)

置き土産☃

1月23日

コテージのお片づけに行ってみると、カワイイ雪だるま☃が出迎えてくれました。週末のお客様の子供達が作った雪だるまと、デッキに雪玉がたくさん。神戸にお住まいのご家族だけれど、台湾から来られたご親戚家族と一緒にご滞在下さって、雪遊びや、雪の中のお散歩を楽しんで頂いたようです。
今はマイナス3度、また雪が降り出しましたから、雪だるまはまだまだ融けずにいてくれそう。

Img_7077

Img_7079

Img_7080

Img_7081

Img_7082

| | Comments (0)

囲碁

1月22日

Img_7056

コテージのお客様の子供達を誘いプレイルームで一緒に遊ぶウチの子達、、、小6のお嬢さんが囲碁を打つというので(お父様がお上手で教わったのだそう)、伊作くん張り切って碁盤を持ち出し、早速対局。碁盤を挟む二人とも背筋がピン!と伸びて素敵です!
さて、22日(日)は、伊作の初めての囲碁大会。会場のグランキューブ大阪に10時前に着くために、朝7時半に家を出て雪道を用心しながらケーブル駅へ。ケーブル下駅のロッカーにスノーブーツとジャケット、スキー手袋などを置いて、バス、電車、バスを乗り継いで会場へ。800人以上の参加者の内、多分500人以上が子供達。負けたら終わりのトーナメント戦、伊作のグループ(級により6グループ)で4勝したけど、5回戦(準々決勝戦)で敗退。残念だったけど、素晴らしい経験、素晴らしい一日になったね。
勝ったことも嬉しいけれど、その場に臆すること無く入って行き、色んな子達と話し対局する伊作の姿に母は一番感動しましたよ。これからも、広く、大きく、自由に!

Img_7057

Img_7063

Img_7075

| | Comments (0)

雪♡

1月21日

雪♡ Winter Wonderland♡
しかし、週末はコテージにお客様、なので、パーキングへの道、コテージへの通路を雪かきします(雪が固まって凍ってしまう前にどかさないと)!
あーっ、でも美しい、いつまでも融けないで〜!

Img_7026

Img_7027

Img_7030Img_7042

Img_7035

Img_7029

| | Comments (0)

通学路

1月19日

Img_6948Img_6970
-
-
-
-
17日から小学校が始まり、雪遊びでスノーブーツの中、内履き、靴下をビショビショにして帰宅。靴乾燥機は必需品だと毎冬思う。
18日の朝は登校時マイナス4℃。通学路は、雪が融けているところもあるけど、日陰はこんな感じ↑で、まだまだ北国。

Img_6980

Img_6981

今朝は、少し融けたところが凍って、カチカチツルツルのところがあちこちに。危険、危険。雪国の歩き方をしないと、つるっ、ドテッ!と転んじゃいます。用心、用心。車も超低速で、4駆を入れて、タイヤが効いてるか確認しながらそろそろ〜っと行きます。さて、明日は雨になるか雪になるかどっちかな?

| | Comments (0)

«久しぶりの雪